« 私の好きな作品たち~野島 伸司編 | トップページ | 私の好きな作品たち~寺山修司編 »

2009年2月15日 (日)

私の好きな俳優たち~田村 正和編

 私はもう何十年も田村さんをテレビで観てきましたが、こんなに歳を感じさせない俳優さんは他にいるでしょうか。

 体格も華奢で声もあまり通らないためか、映画では兄ほど成功しなかったそうですが、線の細いナイーブな二枚目青年として、人気も実力も徐々に身につけ、日本屈指のスター俳優にまで登りつめました。

 最終的には兄の人気を超えたといえるでしょう。主にテレビドラマに多く出演していました。70年代初頭までに出演したテレビドラマで代表的なものとしては、例えば『冬の旅(立原正秋原作・木下惠介脚本)』等があります。
 70年代中頃まではテレビ時代劇『眠狂四郎(関西テレビ系列)』に代表されるようなニヒルでクールな、そして「憂愁の貴公子」とさえ呼ばれるような憂愁を帯びた役柄に限られてましたが、1978年のテレビ時代劇『若さま侍捕物帖』あたりから、軽やかで明るい役柄にも徐々に芸域を広げていきました。後年、その頃を顧みて、あるMasakazu004 新聞の取材に対して「(若様侍を演ることに関して)それまでのクールなイメージとの段差があり、かなり熟慮した」と田村さん本人も語っています。

 そして40歳を過ぎた1984年、それまでの路線を完全に覆すようなコメディドラマの主役に抜擢されました。TBS系列の『うちの子にかぎって…』です。ちょっと頼りなく優柔不断で生徒に振り回される小学校の先生役が見事にはまり大ヒット。続けて『子供が見てるでしょ!』
『パパはニュースキャスター』など数々のコメディドラマに主演。以降はトレンディドラマやホームコメディに多く出演し成功をおさめています。

 恋愛ものでは元来のキャラクターである二枚目でダンディな男性を演じ、夫婦ものでは悩み多きコミカルな夫、55歳を過ぎてからは頑固で涙もろい父親役など、幅広い役柄で主演し、テレビドラマ界随一の主演スターとしての地位を築き、本人もある時期から自身「テレビ俳優」と位置づけるようになりました(他に桃井かおりさんも自身をそう位置づけています)。後年のインタビューでは待ち時間が多い映画の現場よりも、スピーディーに撮影が進むテレビドラマの現場の方が気持ちが乗ると語っています。

 刑事ドラマ『古畑任三郎』役では和製刑事コロンボともいえる新境地を開き、10年以上にわたって演じる当たり役となりましたね。
舞台では専ら時代劇でニヒルなヒーローを主演し活躍しています。田村正和の殺陣は妖艶な美しささえ感じさせる独特の境地を見せ、多くの時代劇ファン・正和ファンを興奮させています。若くして映画に主演した当時には、その責任の大きさを理解できず、自身の役者としての力について考えることはあまりなかったといいます。テレビの世界に入り、有名劇団で鍛えられてきた俳優達に囲まれて初めて自分の力のなさに気づいたといい、それ以来の努力は相当なものであったと想像されます。
 
 テレビドラマに多く出演しているせいか、映画ファンからは多少、過小評価される感もありますが、日本の二世俳優としては屈指の努力家であり、また、父の名声にすがることなく実力で這い上がってきた真の名優といえます。それは田村さんの眠狂四郎を見た原作者の柴田錬三郎氏が、市川雷蔵氏亡きあと、「最高の狂四郎役者」と絶賛したという事実が何よりも物語っています。いずれにしてもテレビドラマを主な活躍の舞台としている俳優としては別格の評価を得ている名優です。

面白いのは、例えば

・刑事ドラマには出演しないと決めていたが(マネージャーが断っていたらしい)、『古畑任三郎』は送られてきた三谷幸喜の脚本(第1シリーズ第2話、犯人・中村右近の回)を読んで出演を決意した。
・古畑任三郎役で、ザテレビジョン主催のテレビアカデミー賞第1回主演男優賞を受賞したが、芝居に優劣をつけたくないという理由で辞退していた。その後、古畑任三郎第2シーズンと『さよなら、小津先生』の小津南兵役でも同賞を受賞している。
・『古畑任三郎番組宣伝&NG特集スペシャル』は、出演作品には珍しく、ドラマ仕立てのバラエティ番組であった。現場での撮影風景を編集したものであるが、バラエティ用のトークをしている場面もある。また、田村が、NGらしきものを出しているシーンも見られる。トークゲストとしてスタジオに出演したのは西村雅彦と石井正則のみであった。
・『古畑任三郎』第1シーズンは夢中で取り組み、第2シーズンでは円熟された磨きをみて第3シーズンではマンネリ回避からの古畑疲れが出ていると自身でも認めている。
・古畑任三郎の性格でバラエティ番組が好きと言うミーハーな一面があるが、実際の田村にもそういった一面があり、2007年6月16日放送のSmaSTATIONで香取慎吾と対談した時に「こないだSMAP×SMAP観たよ。」と香取に言っていた。
・古畑任三郎役はセリフも多く複雑で、相当大変だったようだ。ファンの声に押され、三谷幸喜の脚本アイデアと自身のチャレンジ精神で10年以上続けたが、2006年1月3日~5日『古畑任三郎 FINAL』が放送され、完結となった。しかし続編を望むファンの声は絶えない。三谷幸喜は「アイデアが尽きた」と語っているが古畑放送終了後に出演した「スタ☆メン」(フジテレビ)において「打ち上げで田村さんと相談する」と語っMasakazu_008 ていた。
・2008年6月14日放送の『古畑中学生-古畑任三郎、生涯最初の事件-』では、番組側が水面下で田村と話し合っており、古畑の過去を語る意欲的なストーリーに理解を示した田村は、数日後に「そういうことでしたら、出演しましょう」と、TVでは2年ぶりの古畑役での再登場を快諾したという。また、出演後は、「少し古畑の役作りを変えてみようか」とも周囲に語ったようである。
・「しゃべりすぎた男」にゲスト出演した明石家さんまは、事前に台詞を覚えない主義のため、現場でミスを繰り返し、これを見た田村はさんまに「今度間違えたら自分が帰りますよ」と言ったという。結果的に仕上がった作品は、その撮影現場の雰囲気から緊張感あふれる優れた法廷劇になった。
・一旦「古畑」が終了した際に、多くのファンからの続編を望まれ た。その質問に対し番組で「(続編は)ないですね」とクールに返した。しかしその後もシリーズやスペシャルなどで度々続編は組まれることになり、まさにエンタテインメントの男らしくファンには何が起こ
るかわからない「期待」や「煽り」を送り続ける一面を持ち合わせている。
・『新ニューヨーク恋物語』(2004年)撮影中、付き添っていた夫人と宿泊者専用のクラブで向かいあって座っていると、夫人が目で合図をするので振り返ると『刑事コロンボ』を演じる俳優のピーター・フォークがおり、古畑任三郎と刑事コロンボが同じ場所に存在するという偶然が起こった。

 等の逸話があって昔からのファンの秋野耀子さんは田村さんがボンカレーのCMで3枚目をやった話しをするだけで『やめて!!』と話しをそらしたそうですがそういう気持ち判らなくはないですよ。私は2枚目が3枚目の役をやったり、悪役がとってもいい人の役やったりする時のギャップがたまらなく好きなもので、田村さんも壊れちゃっていいと思います。(ファンの皆様ごめんなさい!)

 たとえ、酢豚弁当が好きで無いとだだをこねても、たっぷり甘いパフェを食べていても、私はファンの一人です。

Symantec Client Firewall

|

« 私の好きな作品たち~野島 伸司編 | トップページ | 私の好きな作品たち~寺山修司編 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

jasa seo murah berkualitas http://www.seoterbaik.com/

投稿: jasa seo murah berkualitas | 2016年9月 4日 (日) 07時21分

投稿: isin4d togel | 2016年9月 2日 (金) 02時49分

投稿: agen isin4d | 2016年8月31日 (水) 11時51分

sumber pustaka http://arenabolabet.com/

投稿: sumber pustaka | 2016年8月22日 (月) 18時43分

I really like and appreciate your article.Really looking forward to read more.

投稿: ashley blue | 2016年7月 9日 (土) 11時15分

I just want to say I am very new to blogging and site-building and definitely enjoyed this web site. Probably I’m likely to bookmark your blog post . You definitely have good articles. Appreciate it for revealing your website page.

投稿: discover this info here | 2016年4月 4日 (月) 01時04分

This is one awesome blog post.Really looking forward to read more. Will read on...

投稿: desene animate in romana | 2015年9月 5日 (土) 11時21分

Appreciate you sharing, great blog post. Will read on...

投稿: Heart Health | 2015年5月27日 (水) 15時47分

I think this is a real great article post.Thanks Again. Really Cool.

投稿: https://www.fiverr.com/eebest8 | 2015年5月 5日 (火) 12時21分

Im thankful for the article post.Really looking forward to read more. Much obliged.

投稿: https://www.fiverr.com/eebest8 | 2015年5月 5日 (火) 03時47分

You could definitely see your expertise in the work you write. The world hopes for more passionate writers like you who are not afraid to say how they believe. Always go after your heart.

投稿: eebest8 | 2015年3月26日 (木) 13時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/528484/28094285

この記事へのトラックバック一覧です: 私の好きな俳優たち~田村 正和編:

« 私の好きな作品たち~野島 伸司編 | トップページ | 私の好きな作品たち~寺山修司編 »