« 私の好きな作品たち~宇神 幸男編 | トップページ | 私の好きな作品たち~高嶋哲夫編 »

2009年3月19日 (木)

私の好きな俳優たち~仲間由紀恵編

 最初は綺麗なだけの女優さんかと思っていました。とことが、『トリック』を見てえ~っとあのボケぶりにすっかり酔ってしまい、『お前のやったことは全部お見通しだ!』などと言って私の天然ボケをごまかしていたりしました。上田次郎役の 阿部寛さん、矢部警部役の 生瀬勝久さんもとてもおかしくて実に肩の凝らないドラマでした。脚本も 堤幸彦氏から鬼頭理三氏など、第3シリーズまでで10人近い方々がおられました。札幌だからなのでしょうか、人気シリーズなのに深夜番組だったのは。

 どちらが先になるのかはっきりしないのですが、『神様、もう少しNakama005 だけ』で宮沢りえちゃんの妹役でちょっと意地悪な役をやっていた時は別人かと思うほど冷たい女の子の役で綺麗なだけじゃダメよなんて思ったこともありましたが、圧倒的に私が仲間さんを好きになったのは『ごくせん』でした。宇津井健さん曰く『かつて赤いシリーズで共演した山口百恵を彷彿させる存在感』と絶賛していました。学園ものでは私は一番に挙げたいですね。ヤクザやさんの娘や孫が教師だったり、警官だったりするのはあり得ないようですが、これから出てくるかもしれませんよね。

 仲間さんのブレイクは女優としての演技力の認知によるもので、歌手やアイドル活動によるものではないのです。結果的にむしろアイドル路線を追求しなかったことが後発ながらも巻き返しに繋がりました(同時期にともさかりえや深田恭子がいました)。そのステイタスは今や同世代タレントではトップの座に君臨するまでとなり、主にコメディをはじめ幅広い演技力、存在感ともに認められた地道な戦略が功を奏したといえるでしょう。

仲間さんの演技力は『リング0 バースデイ』の山村貞子役のオーディションに合格してから見出されました。その後『TRICK』で注目され、『ごくせん』で大ブレイク。2作はその後のホームグラウンドとも位置づけられるコメディの作品で、共演者に恵まれたこともあり、彼女を一気にスターダムへと押し上げた。『TRICK』では共演の阿部寛との絶妙な掛け合わせにより、コメディを得意分野にすることに成功しました。『ごくせん』では『おしゃれカンケイ』出演の際、苦労したことに「怒る演技」をあげています。理由は日常生活で怒って声をあげたことがなかったため、ということだった。『ごくせん』(特に第2期)でのブレイク以降は、“視聴率の女王”と呼ばれるまでになっています。その後『ザテレビジョン』のドラマアカデミー賞主演女優最優秀賞を幾度となく受賞しています。

 透き通るような透明感のある声が特徴で、女優として本格始動する前は、事務所の意向と言われているがアニメ声優をメインに力を入れており、1998年までは「現役女子高生のアイドル声優」ということになっていました。でも、彼女がかつてアイドル声優として活動していたことは、女優として成功しましたが、今となってはほとんどのプロフィールに記載されていません(例えば、日本放送出版協会が発行している大河ドラマ『功名が辻』のドラマストーリーにおいても、声優としてのプロフィールは一切書かれていません)。
ただし、仲間さん自身が過去の声優業を否定した事はないそうです。キャリア等を踏まえても、大河ドラマ3回目の出演にして主役登板になったことはかつNakama002 てない抜擢的な要素が強いそうです。
 大河ドラマにおいて女優が主役となったのは1994年の『花の乱』の三田佳子以来であり(ちなみに『利家とまつ?加賀百万石物語?』のまつ役・松嶋菜々子は準主役。主役は利家役・唐沢寿明)、他に過去に主役として名を連ねたのは松坂慶子、大原麗子、佐久間良子ら大女優ばかかりです。

 そう、あなたはもう大女優さんんです!!ハードなスケジュールだと思うので、身体に気をつけて・・・

|

« 私の好きな作品たち~宇神 幸男編 | トップページ | 私の好きな作品たち~高嶋哲夫編 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/528484/28685915

この記事へのトラックバック一覧です: 私の好きな俳優たち~仲間由紀恵編:

« 私の好きな作品たち~宇神 幸男編 | トップページ | 私の好きな作品たち~高嶋哲夫編 »