« 私の好きな映画たち~レインマン | トップページ | 興味が惹かれてどうしようもない作品たち~ダン・ブラウン編 »

2009年4月 7日 (火)

以外だった作品たち~心屋仁之助編

 書店で何気にみた平積みの山。そこに『光と影の法則』がありました。心屋仁之助・・・聞いた事無いなあ、ひょっとして村上春樹氏の本にでてくるようなお話かなあなどどその場でぺらぺらと開いてみました。するとセラピストさんが書いたお話で、私の苦手な分野だわ・・・止めにしようと思った矢先、どうも勝手が違うのです。普通のセラピストさんらしくないしっかりとした構成、納得できる内容。

 ためしに一度くらい買ってみてもいいかな程度で買い、読みましMich015 た。一気に読めました。なんだろう、このすがすがしさはと思わず、肩の荷が下りた感じでした。うまく表現できませんが、まだ日本では「怪しいもの」「宗教のようなもの」「洗脳」「だましのテクニック」「他人をコントロールするもの」と言った偏見や誤解が根強く残っています。そういったものを払拭し、個人の心の豊かさと、笑顔を導き出し、能力を大幅に向上させる強力なツールである心理療法を広めていくことで、本当に明るい世の中に、争いごとの少ない世の中にしていけることを、本気で夢見ていますことが手に取るように伝わってきました。

 心屋先生によると、『「性格」と「個性」は別モノなのだそうです「個性」は、あなたが生まれもった最高の宝物「オンリーワンの能力」「あなたの知らない本当の自分」「変えられない・変わらない本質」です。そして「性格」は、あなたが生まれてから刷り込まれた「プログラム」「今の自分」なのです。』といいます。だから、「性格」というプログラムは書き換えられる・・・なのに性格は変えられないと思って何時人が殆どなんだそうです。性格と個性を区別して考えた事などなかったですし・・・性格上人と違う部分が個性なのだと思っていましたし・・・心の中のもう一人の(本当の)自分を知る心理療法なのだそうです、そうやって性格を明るいものへ変えていくことを。

 実は心屋さんは大学を卒業後、佐川急便に就職、現場の営業、法人営業、教育担当などを経て本社の営業企画部門の管理職として従事し、その間に、社員教育に関するマニュアル作成や教育の企画に参画、自らが社内講師として、年間におよそ480時間の講義実績を持っていた方でした。また、教育方法に関する研究および営業に関するマーケティング手法の研究も続け、さらには心理学の手法を取り入れることで現在の基礎を作りました。
 現在は、心理療法やNLP・コーチングの手法を採り入れた独自のセラピーや、その手法を広めるためのセミナー活動などを行っています。ただ研究室にこもって心の内部を探る方たちとは実践力が違うと思いました。

 この『光と影の法則』では強烈な『光』を浴びれば浴びるほど、その反対側に強烈な『影』ができるのは、自然の摂理です。それは法則として、人間界にもそのまま当てはまるといった意味があるのでしょう。「苦しみ」があるから「喜び」が生まれる!
 さまざまな心理療法を使って、実際に変化を遂げたクライアントのケースをもとにした感動の物語です。殆どの人がこんなことあるなと感じた時作中に出てくる人たちに共鳴すると思います。1つ1つページをめくるたびに立ち止まってしまうのです。
「なんなの?この涙は!」
「ただのお話じゃない!なのに・・・」

と思っているのはあなただけじゃないんですよ。アマゾンで1位になったことが唯一の証です。

私っも20代で転機が訪れました。明るいだけがとりえの私から笑顔と言葉っが消えたのです。自分を追い詰め、自分が嫌いで仕方なかったある時、神経科の先生と巡り合え、とてもその時間だけ厭なことから抜け出していたかのように。でも日々の暮らしは私を追い詰めつるばかり・・・ でも性格は変わってしまったけれど、先生とお話している時の私はまるでなにも変わらない私がそこにいたのです。これがきっと個性なのでしょうね。そしてカウンセリングのたび、先生が『辛かったでしょう。』とか『頑張ったね。』とおっしゃる度、泣きそうになったものでした。他人の痛みを分かり合うのは難しい事です。でも同じ痛みをもったことのある人たちは分かり合えるのだとその時初めて解った気がしました。慈しみの心を先生から教わった私は第3の性格を持ち、今幸せに暮らしています。後ろを振り返るのは良い事だけ思い出したい時だけと決めてから悪い過去を振り返ることも無くなりました。不思議ですよね。影のかぶりものはいつかきっと脱げる日はくると、泣きたい時は涙が出なくなるまで泣こうと、そんな気持ちになれる作品だと思いました。

 多くの人がケラケラ笑って過ごせる日を祈って・・・・

|

« 私の好きな映画たち~レインマン | トップページ | 興味が惹かれてどうしようもない作品たち~ダン・ブラウン編 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

There is definately a great deal to find out about this issue. I really like all the points you have made.

投稿: Migrom eebest8 | 2015年3月26日 (木) 15時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/528484/29009393

この記事へのトラックバック一覧です: 以外だった作品たち~心屋仁之助編:

« 私の好きな映画たち~レインマン | トップページ | 興味が惹かれてどうしようもない作品たち~ダン・ブラウン編 »