« 私の好きな作品たち~いとう斗士八編 | トップページ | 私の好きな作品たち~モディリアーニ »

2009年4月17日 (金)

私の好きな作品たち~宮藤官九郎編

 ある日、『オーラの泉』を観てみると、ゲストは官九郎さんでした。彼のプロフィールは、

大学在学中、劇団「大人計画」に参加。
2002年、バンド「グループ魂」でメジャーデビュー。
2002年、ドラマ「木更津キャッツアイ」の脚本を担当。
2003年、第41回ゴールデン・アロー賞特別賞を受賞。
2005年、ドラマ「タイガー&ドラゴン」の脚本を担当。
2005年、映画「真夜中の弥次さん喜多さん」で監督デビュー。
2005年、映画「クワイエットルームにようこそ」に出演。

と誰もが観たことのある作品作りをしています。特に若い世代には人気の監督さんです。

毎日欠かさずにすること
 →家族と奥さんに「ありがとうございます」と心の中で言う     Munku3

・好きな言葉
 →低姿勢

・人生の転機
 →大学を中退した時

・一番充実感を感じる瞬間
 →ドラマのシナリオを書き上げて、シーンナンバーをふる時
だそうです。

低姿勢・・・とは以外な言葉でした。「ねばならぬ」が大嫌い、と美輪さん。→やってはいけないことがあると、何でだろうと思う、と宮藤さん。→理由を説明されても納得がいかない。自分で自分を「型」に入れているが、「型」は大嫌い。→ドラマでは「型」にはめるのが嫌。→時代劇にバイクを出したり、と意外性を出している。父親の厳しさは全て「型」、と江原さん。→それを言われ続けていたから、父親という存在があるだけで責められている気がしてしまう。魂のテーマは「型」と江原さん。→型があるか無いか。自分の行動も頭の中で脚本を書いている。→現場の状況に合わせて毎日雰囲気を変えている・・・etc

 こんなふうに人を観察するのはいかがなものか?と思いながらつい見てしまいました。

『木更津キャッツアイ』で騒がれて『大様のブランチ』にも出演していましたね。私なんかは、昔の野田秀樹さんを思い出しました。

頭の構造自体万人と違うのではとまで思いましたね。映画では直木賞を受賞した金城一紀の恋愛青春小説『Go』は、宮藤脚本、窪塚洋介主演、行定勲監督で映画化されました。映画も日本アカデミー賞8部門制覇など、評価の高い話題作になりました。
 
『ピンポン』では松本大洋の漫画を映画化。素晴らしい俳優陣を迎え、友情、情熱、それぞれのトラウマ、そして成長を、笑いを交えて描いた痛快青春映画でした。
 
『69 sixty nine』では69年に高校生だった村上龍の、当時を描いた自伝的青春小説を映画化したものでした。
 
『少年メリケンサック』はNHK大河ドラマ「篤姫」で歴代最年少ヒロインを演じ、いまや押しも押されぬ国民的女優に大飛躍した宮崎あおい(24歳)、同じく「篤姫」や「ラスト・フレンズ」で鮮烈な印象を残した俳優の瑛太(27歳)、さらに「篤姫」や「薔薇のない花屋」、映画『花より男子ファイナル』、主演映画『イキガミ』などクセのある役どころを演じた松田翔太(24歳)、映画『ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ』や『奈緒子』を皮切りに、ドラマ「貧乏男子 ボンビーメン」「ごくせん 第3シリーズ」「ガリレオΦ」「ブラッディ・マンデイ」とメディアで顔を見ない日がないほど大車輪の活躍だった三浦春馬(19歳)、ドラマ「扉は閉ざされたまま」「1ポンドの福音」「風のガーデン」「男装の麗人・川島芳子の生涯」 と多彩な作品に出演した女優の黒木メイサ(20歳)、「コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」や「流星の絆」など高視聴率ドラマで大活躍した女優の戸田恵梨香(21歳)の6名がおりなすコメディ(?)です。もうご覧になられた方が多いと思いますが、ただただ面白い映画です。佐藤浩市さんは三谷監督が壊しちゃったから、また怪しい役で出てきます。
 
 TBS系で10月から放送された金曜ドラマ『流星の絆』も人気作家東野圭吾さんと官九郎さんのタッグが絶妙でした。

 書籍では、宮藤官九郎と「HIGHLEG JESUS」総代・河原雅彦が、「演劇ぶっく」連載コラムを加筆訂正、語りおろしや撮りおろしを加えた『河原官九郎』、『私のワインは体から出て来るの』、永作博美、的場浩司、阿部サダヲ、相田翔子、羽生善治、及川光博等との対談集『妄想中学ただいま放課後』、大人計画サイトにて、5年間で1,064通の相談コーナーの中から約150の悩みと答えをまとめた本『宮藤官九郎の小部屋』などがあり、きっとまた頭がエビみそのようになりそうな本が満載です。

 これからもエンタテイメントとして楽しめる作品を作ってください。

|

« 私の好きな作品たち~いとう斗士八編 | トップページ | 私の好きな作品たち~モディリアーニ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

あ、「生き仏になった落ちこぼれ」よかったら買ってみてください。中古で105円ですが送料がかえって高いような(^_^;)

投稿: KOZOU | 2009年4月17日 (金) 18時30分

こんばんわ。
今日はそう暑くもなくいい日でした。

コメントいつもありがとうございますm(__)m
スランプとお聞きしたのですが、変わらずたくさんの記事、感心します(*^_^*)

クドカンさん、売れっ子ですよね。
わたしも「低姿勢」はちょっと意外でした。
さぞかし見えないところで苦労してあるのでしょうね。一番充実感を感じるときはよくわかる気がします。

映画を見たのはDVDですが、「69 sixty nine」くらいかな。なつかしさが先に立ち(^_^;)
とびきり元気でアホな高校生たち、実際69年にゲバ棒をふるった学生たちも客観的にみればあんなものでしょうね(^_^;)
笑ったあとに寂しくなり(^_^;)

脚本家は特に時代へのアンテナの感度がよくないとつとまらないのでしょうね。
「少年メリケンサック」、おもしろそうですね。宮崎あおいさん、篤姫以来ファンになりました(^_^;)

投稿: KOZOU | 2009年4月17日 (金) 18時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/528484/29152373

この記事へのトラックバック一覧です: 私の好きな作品たち~宮藤官九郎編:

» 篤姫馬鹿 [篤姫]
先日のことです。私の友人が教えてくれたんですけど篤姫についてたくさんの資料を・... [続きを読む]

受信: 2009年4月18日 (土) 03時20分

« 私の好きな作品たち~いとう斗士八編 | トップページ | 私の好きな作品たち~モディリアーニ »