« 私の心の記憶~実録・連合赤軍 あさま山荘への道程 | トップページ | 私の好きな作品たち~葛飾 北斎編 »

2009年5月 1日 (金)

私も勉強になる作品~『日本人の知らない日本語』

 これは必読書だと思いきや、堅苦しい物では無く、日本語、再発見コミックエッセイでした。でも読みやすく、自分の日本語は怪しいという自覚があるので手にとりました。内容は面白くて、勉強になり知的なエッセンスがあります。
 日本にいると気がつきにくい日本の良さも10章の『日本いい国』から伝わり、ホロリときました。私もこの日本語学校に入りたくなってしまいました。入ってもまわりの学生さんと違和感なさそうで…(爆)。ただ、絶賛レビューで占められているので、あえて。
 安定していてかわいい絵柄です。日本語コミックエッセイだからなおさらでしょうが、「会話漫画」となっていて、会話だけで話がオチまですすみ、人物の動きは少なめです。 構図もかわりなく上半身だけ・顔だけのページも多く、少々疲れてきます。刺激を求めている
わけではありませんが しかし今まで誰もかかなかったジャンルの上、静かな日本人による日本語ブーム?なので、旬の一冊です。

 著者は、日本語学校で外国人に日本語を教える海野凪子(な ぎこ)さん。外Lassen_work05s国人の奇問や珍問との格闘が、イラストレーターの蛇蔵(へびぞう)さんの絵でユーモラスに再現されています。例えば助数詞。細く長いものは「1本」と数えると、中国人は「ヘビも1本ですね」と答える。正解は「1匹」。中国人はヘビも川も同じく「条」で数えるそうですが、日本人は生物か無生物で数え方を分けます。椅子は「1脚」と教えれば、外国人からは「便器も1脚?」と疑問の声が上がる。正解は「1据(すえ)」
 外国人の素朴な「?」が、普段の暮らしで見過ごしていることを日本人に気づかせてくれます。

 この様に外国人に正しい日本語で話そうとしても、時折、解らないことが起こって、『へえ?何の意味?』と問われて答えられない事しばし・・・こんな時、日本語って難しいとつくづく思います。

 でも私は日本語が大好きです。奥が深いし、趣はあるし・・・方言もまたいいものだと思うのです。でもテレビを観ているとなぜここを英語で言わなければいけないのだろう?なんて思わず突っ込みたくなる話方をする人が多いのには驚かされます。日本の歌なのに、やたらと横文字並べて歌っているのは何故?こんな疑問がどんどん日本語を衰退させているようで、私は不安になります。国語という教科書はどこへ行ってしまったのでしょうか・・・高校生が話す言葉の意味は半分もわかりません・・・これでいいのでしょうか・・・

 こんな時こそ、この本を読んで少し立ち返ってほしいのです。美しい日本語を話すことは一つの財産だと思うのです。いつか子供を持った時、正しい日本語を子供に教えられるかどうかを。

 私は最近、教会に日曜礼拝をうけに行っています。別にクリスチャンではありませんが、厳かな雰囲気の中、皆素晴らしい日本語を使って下さいます。殆どがアメリカ人の宣教師もとても礼儀正しく、日本人より美しい日本語を必死で話してくれます。ここでは英会話教
室も開かれており、アメリカ人が英語を教えています。きっとこの本の逆のことが起きているのかと思うと微笑ましいですね。英語を話すことも今大事ですが、だからと言って自国語をなおざりにしていいということはありません。

 それにしても、日本語というのは文法が簡単なのに、それにも増して正しい表現が難しいですね。文脈感受性がすごく高いのです。
 私が一番面白かったのは実はそこではなく、随所に出てくる日本語トリビアというか、外国人の質問で明らかになった日本語の歴史みた
いなものです。もちろん、たぶんどっかで既知のものであると思います。どこかで聞いたことがある、という感じはあるのだけど、漫画でわかりやすく教えてくれるとまた違う知的興奮がありました。

 今一度、日本語に賛美あれ!!

|

« 私の心の記憶~実録・連合赤軍 あさま山荘への道程 | トップページ | 私の好きな作品たち~葛飾 北斎編 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

Thank you for your blog article. Want more.

投稿: spanish porn | 2016年7月 8日 (金) 18時29分

とこさん、おはようございます。
今朝も冷えますね。
こんな本があったのですね。
わたしも興味深く記事を読ませていただきました。
漫画でここまでしているのですね(*^_^*)
一据はわたしも知りませんでした。
たしかに日本語は複雑で表現が多様で、外国人が習得するのは難しいでしょうね。
書かれていますように英語の氾濫はわたしも大反対ですね。(国粋主義者ではありませんが(^_^;))
日本語に習熟せずして英語に習熟できるはずないですね。
おもしろく勉強になりそうな本ですね

とこさんいつもコメント大変ありがとうございます。
以下レスのコピーです。

BGM押しつけたようですみません(^_^;)ほんとにこれは気に入っています
いい時代になったと思いますね。you tubeやウイキペディアなどフリーの優れたソースが公開されるようになり、ほんとに助かってます。
you tubeの画像埋め込みは比較的簡単です。目的のページの右上に「埋め込み」とありますから、それをそのままコピーして、とこさんのページに貼り付ければできます。とこさんもココログでしたよね。ご自分で投稿されるとき、「記事の作成」の横に「HTMLの編集」というのがあると思いますが、そこに貼り付ければできます。中の数字を変えることによりサイズも自由にできますので、何度か試されたらちょうどいいのができると思います。
埋め込みまで、ソースを公開していることはほんとに感激です(*^_^*)
とこさんは音楽家も紹介されますのでほんとにちょうどいいですね(*^_^*)
バロックはいいですね大好きです。

ありがとうございます。
東野圭吾、今旬ですね。すごい作家だと思います。遙かに及ばずながらがんばりまっす(*^_^*)
ありがとうございました。

投稿: KOZOU | 2009年5月 2日 (土) 08時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/528484/29376200

この記事へのトラックバック一覧です: 私も勉強になる作品~『日本人の知らない日本語』:

« 私の心の記憶~実録・連合赤軍 あさま山荘への道程 | トップページ | 私の好きな作品たち~葛飾 北斎編 »