« 私の好きな映画~『恋人たちの予感』 | トップページ | 私の観たい映画『60歳のラブレター』 »

2009年5月14日 (木)

私に好きな俳優たち~常盤 貴子編

 私が彼女を覚えていたのは、あの人気ドラマ『愛していると言ってくれ』でした。まだキャピキャピしていた年頃でしたが、あの細い身体に大きな胸は印象的でした。そしてきつねのような愛くるしい顔にコロッとなってしまった男性の多かったはずです。私もどちらかというと、はじめて見る豊川悦治さんに興味をひかれもしました。ドラマ自体もとても魅力的だったので再放送まで見てしまいました。

 どうやら私は彼女の必死に伝えようとする手話の手に惹かれていたのかもしれません。『星の金貨』もそういう点で好きだったのかもしれません。手話はそれほどまでに私を虜にしました。でも実際に使っている手話を見た時、これはとても難しいものだと解りました。
速さが全く違うのです。ユーキャンの通信講座で手話を習おうとこころみてみましたが、現実を知って諦めてしまいました。

 それはさておき、『愛していると言ってくれ』は1995年の作品ですから、観てない方もいるでしょう。

あらすじは、耳の聞こえない画家と女優の卵が、障害を乗り越えなTokiwa005 がら愛を深めるというストーリーで決して障害を悲劇的に扱うことなく、主役2人の日常的な交流という形で淡々と描き、障害者のドラマが持つそれまでのイメージを大きく変えたものでした。この点などが高評価されて、第33回ギャラクシー賞テレビ部門大賞を受賞しました。まだ本当の愛を知らない女の子が、彼が前に付き合っていた女性から、一番好きなところは声だと言われ、自分には声を聞かせないことに、『愛してるっていってよ!』と泣く彼女がいたいけで、誤解が誤解をよび別れてしまうのですが、大人になって出逢った2人はどうなったのかが気になるエンディングでした。

その後貴子さんはヒロイン役に多く抜擢され、ぐんぐん伸びていったように思います。1991年夏に自らスターダストプロモーションの門を叩き、事務所に所属した。しばらくは、原宿の歩行者天国で路上ライブ(このライブにはデビュー前のMANISHも出演していた)の司会をするなど、下積み生活が続いたそうです。年末にTBS系SPドラマ『イブは初恋のように』で女優デビューをしたのち、ドラマの脇役やCMの仕事が入るものの、なかなか芽が出ませんでした。
 1993年CX系の深夜バラエティ番組であった『殿様のフェロモン』にサブ司会者として出演。
 1993年夏、フジテレビ系ドラマ「悪魔のKISS」で、カード地獄に落ち借金苦から風俗嬢に転落する女子大生役を熱演し、一躍新進女優の仲間入りを果たします。トップバストを露わにしたヌードを披露したことが大反響を呼びました。
 1994年秋のTBS系ドラマ『私の運命』で不倫と純愛の間をさまよう上昇志向の強い看護師役を演じ、1995年夏のTBS系ドラマ『愛していると言ってくれ』では、耳が不自由な青年画家(俳優豊川悦司)の恋人役を演じ、ドラマは大ヒットします。その後も数々の連続ドラマで主演を務め、1996年春から1997年夏までは5作の連続ドラマにおいて主役級を務め、撮影を連投しました。コメディーからシリアスまで様々な役柄を演じ出演作の全てがヒットしたため、この時期から彼女は「連ドラの女王」と呼ばれるようにもなりました。

 2008年に入り、『眉山』、『笑顔をくれた君へ~女医と道化師の挑Tokiwa003 戦』、『ロス:タイム:ライフ』とSPドラマに主演し、 2008年から2009年にかけて、3部作で公開される映画『20世紀少年』でヒロイン・ユキジ役を演じました。また 妻夫木聡が主演する2009年NHK大河ドラマ『天地人』で、ヒロイン・お船の方を演じていますね。 2009年10月には、主演映画『引き出しの中のラブレター』が公開予定です。

 また、羽田実加や沢尻エリカ、鈴木えみ、原史奈など、事務所の後輩にファンが数人いるといいます。沢尻さんは「TVガイド」2007年9月26日発売号で自らが常盤ファンであることを公言しています。また、金田美香や小倉智昭、眞鍋かをり、内山理名、川村亜紀、川村由紀、マーティ・フリードマンなど、芸能界の中にもファンを数多く持っているのも彼女の人徳なのでしょう。

 私が他に好きだった番組を挙げると『東芝日曜劇場・Beautiful Life ?ふたりでい日々?』 『カバチタレ!』『ロング・ラブレター~漂流教室~』などがあります。日々成長する彼女の姿が美しくもあり眩しくもありました。

 映画の本格デビューは1999年の香港・日本合作『もういちど逢いたくて/星月童話』でした。2003年に公開された『赤い月』では戦中の満州で波瀾万丈に生きた女性を演じ、日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞。ここ数年は主演以外に脇役としても、スクリーンの中で印象に残る演技を見せています。演技の幅も広いので、今後がもっと期待される女優さんだと思い、これからも見守っていきたいと思います。

|

« 私の好きな映画~『恋人たちの予感』 | トップページ | 私の観たい映画『60歳のラブレター』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

Thank you for your blog article.Really thank you! Cool.

投稿: lesbian first time | 2016年7月 8日 (金) 18時15分

こんばんわ。
今日は涼しくいい一日でしたね。

常盤 貴子さん、魅力的ですね。
男にだけかとおもったら女性にも(^_^;)
とこさん、映画やテレビもほんとに詳しいですね。
テレビはあまり見ないものでドラマはあまり知らないのですが、「愛してくれと言ってくれ」は評判になりましたね。
女優さんというか俳優さん、大変でしょうね。
一作一作に心を込めて、あらゆる役を、忘れられたらおしまいですしね。
たいしたものだと思います。

投稿: KOZOU | 2009年5月14日 (木) 21時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/528484/29602775

この記事へのトラックバック一覧です: 私に好きな俳優たち~常盤 貴子編:

» 〜 Three Questions 〜  [情報商材を斬るレビューサイト・インフォカッター]
たった3つの質問で、女性を夢中にさせてしまう方法とは? 自然に女性と接する方法もカバー 実録音声バージョンもありますよ [続きを読む]

受信: 2009年5月20日 (水) 17時14分

« 私の好きな映画~『恋人たちの予感』 | トップページ | 私の観たい映画『60歳のラブレター』 »