« 私の好きな作品たち~貫井 徳郎編 | トップページ | 私のやや好きな画家~青木繁編 »

2009年7月15日 (水)

私の好きな作品~『1Q84』

 待ってました。なぜか賛否両論あるようですが、私は今までの集大成的でとてもいい気持ちで読めました。1949年にジョージ・オーウェルは、近未来小説としての『1984』を刊行しました。
 そして2009年、『1Q84』は逆の方向から1984年を描いた近過去小説です。そこに描かれているのは「こうであったかもしれない」世界なのです。私たちが生きている現在が、「そうではなかったかもしれない」世界であるのと、ちょうど同じように。

 「こうであったかもしれない」過去が、その暗い鏡に浮かび上がらせるのは、「そうではなかったかもしれない」現在の姿なのですね。

 本書を読んでの第一印象は、これまでの村上春樹の集大成にSchim_work09s なっているというものでした。『羊をめぐる冒険』『国境の南、太陽の西』『スプートニクの恋人』『海辺のカフカ』「納屋を焼く』など、すべての要素が入っています。そして、これまで彼が明確にしなかったも
のが、本書ではっきり道筋をつけたのだなあと感じました。だから、村上春樹であって、村上春樹でない印象を受けてしまうのです。

 つまり、答えを出さないでいてくれたところに、自分に気持ちが代弁されてると感じていたので、その話の先はこうでした、と見せられることで、違和感があったのかもしれません。
 この『1Q84』に続編がなければ、中途半端に答えを出されて宙吊りにされたような気持ちになってしまいます。どうせ明確にされた
のなら、いつものような止め方ではなく、その先を教えて欲しいと思ってしまったのも事実ですが・・・
ただ、そう感じさせることが村上春樹の狙いであるようにも感じ取れますね。そこはテーマとつながるだろうから、詳しくは言えませんが、読んで感じたこの気持ちが、恐らく主人公たちも薄々感じているものなのではないかという気がします。

 また今回出てきた動物(犬以外)が、彼がこれまでに書いた「羊」ではなく、何故「山羊」なのか、というのも青豆、そしてひいては天吾に絡んでのことなのでっしょう。ここで「山羊」だったということで、村上春樹が敬愛する、とある作家のテーマ(もっと大きくいえば、文学史的なテーマ)に近づけようとしている気がします。いや、近づけたのではなく、どうしてもそこに行き着いたのかもしれません。

春樹氏が、これまで様々な作品を生み出しながらも、実は全くブレておらず、彼の言いたいことはこういうことだったのか、と本書で判明した気がしています。けれどどそれが本当なのか、続編か、続編がないなら、別の新作を読むまでは、この『1Q84』に対する気持ちに決着がつかないと思いました。

 あだ名のような名前の主人公が 現実とも虚構ともいえる世界の中で考え、他人と語り合い、世界と折り合いをつけて行く物語は これまでの著者の作品と同一です。著者が本書で取り上げたテーマのうちのひとつ過去のできごとの解釈を私は評価したいです。
 主人公の男女二人はともに恵まれない少年少女時代を送っていました。

男は自分の父親の死期に際して父親の元を訪れ、 父親への憎しみを感謝に替えて今後の人生を生きようとする・・・

女は自分の犯した過ちから過去を完全に断絶し、会えるはずの家族にも会わず自らの命をも絶とうとする・・・

 過去のできごとは事実として存在するのですが、その意味の解釈は何通りもあるのだと思います。過去のできごとの意味合いを替えて過去との折り合いをつけ、未来もうまくやっていけると気づく男 。
 過去のできごとを頭から否定し 未来へのつながりも絶とうとする女。過去と他人は変えられないが未来と自分は変えられと思いたい。
 過去の事実は変えられないが過去の事実の解釈は変えられる・・・過去の延長が未来ではないのだから。過去にどんな事実があろうとその解釈の仕方で未来は必ず変えられると私は思いました。

これは春樹氏のメッセージだと思います。

|

« 私の好きな作品たち~貫井 徳郎編 | トップページ | 私のやや好きな画家~青木繁編 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

とこさんへ

私も読み終わりました。やっと(^-^;。

”過去の事実は変えられないが過去の事実の解釈は変えられる”

そうですね。
捉え方一つで、同じ事実でも全く違った感情を持つ事が出来るのですよね。

私は、自分が落ち込んでいる時に、変にポジティブに捉えたりしてますbleah

投稿: Marunaga | 2009年7月22日 (水) 21時55分

これは品薄で買えないほど売れているようですね。

テーマは興味深いですね。
あまり彼の作品は読んでないのですがこのようなテーマであればいつか読んでみたいと思います。
「過去のできごとは事実として存在するのですが、その意味の解釈は何通りもあるのだと思います。過去のできごとの意味合いを替えて過去との折り合いをつけ、未来もうまくやっていけると気づく男 。
 過去のできごとを頭から否定し 未来へのつながりも絶とうとする女。過去と他人は変えられないが未来と自分は変えられと思いたい。
 過去の事実は変えられないが過去の事実の解釈は変えられる・・・過去の延長が未来ではないのだから。過去にどんな事実があろうとその解釈の仕方で未来は必ず変えられると私は思いました」
そうでしょうね。
過去を直視し勇気をもって立ち向かう、それによって過去の意味が変わることはあるのでしょうね。
相当辛いことだとは思いますが、未来を変えるためにはそれしかないのでしょうね。

投稿: KOZOU | 2009年7月16日 (木) 22時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/528484/30547670

この記事へのトラックバック一覧です: 私の好きな作品~『1Q84』:

« 私の好きな作品たち~貫井 徳郎編 | トップページ | 私のやや好きな画家~青木繁編 »