« 私の気になる作品たち~西川 美和編 | トップページ | 私の好きな作品~北村薫編 »

2009年7月18日 (土)

私が気になる作品~『終の住処』

 これは磯崎憲一郎さんの芥川候補作品です。磯崎作品のテーマはこれだっとかズバッと言いにくいのが磯崎作品の特徴なのですが、それでもやっぱり磯崎作品は大体どれも「時間」というのが通底していると思います。時間に喰われる、あるいは時間が助けてくれる。そ
ういうことですね。

 とにかく、傑作です。時間のとびかたも良かったですよね。突Higaiyama006 然、「次に妻が彼と話したのは、それから十一年後でした」。はあ?イグアナの話も『眼と太陽』の遠藤さんの話を彷彿とさせられました。蟻にもう絶対に女は抱かないと誓う場面も良かったですし、太っている(外見からはわからない)女性と浮気をして、それを母に告白したときに「その女の子が太っているということだけは、完全にあなたの思い違いなのだと思うわ」と言われるシーンも印象的で象徴的でした。

 場面場面の細部がよく記憶に残る作家は好きです。印象に残りやすく、すぐにでも再読したくなるので。妊娠した奥さんがカレーとサンドウィッチを食べるとこもドキッとしましたね。こういった細部の良さは主人公の徹底した視線にあるのでしょうね。目を逸らさずに
見ること。そして、それが世界をつくっていること・・・

 イソザキノアニの作る小説の主人公たちは世界に、宇宙にいる一要素でしかない、それは交換可能なものとしてあります。とはいえ大事だから何度も言いいますが、その一要素が歴史を作るのです。だからついに家を建てるわけですね、「終の住処」を。

 家というのは元々が人間よりはるかに寿命が長いものです。だから人間が家を建てようなどという傲慢を抱いてはいけない、家によって、ある定められた期間、そこに住む人間が生かされているだけなのですから。
 これは家を地球に置き換えるとじつに面白いんです。「絵画」のラスト、地球最後の描写が思い出されました。磯崎さんはいつも本気を出していので、毎回、前作の解説となるような作品を出されて、より大きくなっていると思います。そして、前作が最新作や他の作品の解説ともなっています。虎と鏡。時間の迷宮。これだけ大きな作家です。芥川賞をとらなくても大きな作家なのです。

 メディアで注目されているのは芥川賞候補のシリン・ネザマフィさんの「白い紙」ではないでしょうか。顔写真入りで報じていた新聞も見かけました。文學界新人賞を授賞された作品ですから期待できると思うんですが、どうも、作者がイラン人女性で漢字圏出身者です
らないという話題性が先行しているような気がしないでもありません。「白い紙」を収録している『文學界』は多くの図書館に置いてあるでしょうから、私も機会があれば読みたいと思いますが、期待と不安がゴッチャになっています。
 実は、密かに私は磯崎憲一郎さんの「終の住処」に期待しています。
 
 2007年「肝心の子供」で第44回文藝賞受賞。2008年「眼と太陽」で第139回芥川賞候補になっているのですから。

|

« 私の気になる作品たち~西川 美和編 | トップページ | 私の好きな作品~北村薫編 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

芥川賞、受賞しましたね(◎´∀`)ノ。
さすがとこさん。作品自体をしっかりと見ていらっしゃいますね。すごいです。
私は最近読み始めました。といってもそんなに時間のかかる本でも無いので直ぐに読み終わるとは思うのですが。
「時間が助けてくれる作品。」私もそうだと感じました。しかし、ストーリーが私的には少し受け入れがたい雰囲気を感じます…。
でも、これが今の時代に評価される純文学なのですよね。

投稿: Marunaga | 2009年9月 4日 (金) 21時31分

おはようございます。
朝から蝉の合唱です。

こちらも今、旬取り立てですね。
わたしはいつも芥川賞受賞作品はそれが載った文藝春秋で読むので遅れます(^_^;)
候補作品に目がいくというのはさすがですね。
受賞とは紙一重だし、確かに話題性をねらった授賞も多いですね。
かって大ブーム起こした、金原ひとみ、綿矢りさコンビも最近は音沙汰ないようですし。
時がテーマというのは引かれますね。

いつもコメントありがとうございます。
レスを書いていますのでいつかご覧になってください。

投稿: KOZOU | 2009年7月18日 (土) 08時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/528484/30590465

この記事へのトラックバック一覧です: 私が気になる作品~『終の住処』:

» 医療控除 申請 [医療控除 申請]
医療費控除の対象となるもの、ならないものがあります [続きを読む]

受信: 2009年7月18日 (土) 10時35分

» 「終の住処」過ぎた時間は一瞬に思えても、確実に時間は経過している [soramove]
「終の住処」★★★☆ 磯崎憲一郎著、142ページ、2009/7/25初版                          ★映画のブログ★                           どんなブログが人気なのか知りたい 「芥川賞受賞!という本の帯の下に、 人生とは、流れていく時間、そのものなのだ。 そんな見出しが切り取られている、 ひとりの男の20年あまりを111ページで 淡々と描いた作品、 分かるようで分かりはしないだろう何かは感じる」 自分で結婚を... [続きを読む]

受信: 2009年8月15日 (土) 13時30分

« 私の気になる作品たち~西川 美和編 | トップページ | 私の好きな作品~北村薫編 »