« 私の好きな作品~『ライ麦畑でつかまえて』 | トップページ | 私のお勧めの作品~『横道世之介』 »

2009年10月31日 (土)

私の大好きな作品~『蒲田行進曲』

 1982年、もうそんなに前のことだったのかと思わせられるほど、私の中では色あせない物語です。直木賞をとったことで、興味を持ち読んだのですが、もうたまらなく面白かったというか趣があったので、つい映画も観てしまいました。もともとつかこうへい氏のお芝居から端を発していたので、お芝居で観るのが一番面白かったのかもしれませんが、生憎その頃はお芝居に興味はなかったし、つか劇団も殆ど知りませんでした。      

 あらすじはご存知の方も多いと思いますが、何せ25年以上前のお話です。時代劇のメッカ、京都撮影所。今、折りしも「新撰組」の撮影がたけなわである。さっそうと土方歳三に扮して登場したのは、その名も高い“銀ちゃん"こと倉岡銀四郎である。役者としての華もあり、人情家でもあるのだが、感情の落差が激しいのが玉にキズ。こんな銀ちゃんに憧れているのが大部屋俳優のヤス。ヤスの目から見れば銀ちゃんは決して悪人ではない、人一倍、仕事、人生に自分なりの美学を持っているだけだ。ある日、ヤスのアパートに銀ちゃんが、女優の小夏を連れて来た。彼女は銀ちゃんの子供を身ごもっていて、スキャンダルになると困るのでヤスと一緒になり、ヤスの子供として育ててくれと言うのだ。ヤスは承諾した。やがて、小夏が妊娠中毒症で入院するが、ヤスは毎日看病に通った。その間、ヤスは、撮影所で金になる危険な役をすすんで引き受けた。小夏が退院して、ヤスのアパートに戻ってみると、新品の家具と電化製品がズラリと揃っていた。だが、それとひきかえにヤスのケガが目立つようになった。それまで銀ちゃん、銀ちゃんと自主性のないヤスを腹立たしく思っていた小夏の心が、しだいに動き始めた。そして、小夏はヤスと結婚する決意をし、ヤスの郷里への挨拶もすませ、式を挙げて新居にマンションも買った。そんなある日、銀ちゃんが二人の前に現われた。小夏と別れたのも朋子という若い女に夢中になったためだが、彼女とも別れ、しかも仕事に行きづまっていて、かなり落ち込んでいるのだ。そんな銀ちゃんをヤスは「“階段落ち"をやりますから」と励ました。“階段落ち"とは、「新撰組」のクライマックスで、斬られた役者が数十メートルもの階段をころげ落ち、主役に花をもたす危険な撮影なのだ。ヤスは大部屋役者の心意気を見せて、なんとか銀ちゃんを励まそうと必死だった。“階段落ち"撮影決行の日が近づいてきた。ヤスの心に徐々に不安が広がるとともに、その表情には鬼気さえ感じるようになった。心の内を察して、小夏は精一杯つくすのだが、今のヤスには通じない。撮影の日、銀ちゃんは、いきすぎたヤスの態度に怒り、久しぶりに殴りつけた。その一発でヤスは我に帰った。撮影所の門の前で、心配で駆けつけた小夏が倒れた。“階段落ち"はヤスの一世一代の演技で終った。(goo映画より)

 物語は勿論面白いのですが、何より、セリフがいいんです。映Kamata_001 画は映画用につかさんが書き直しているのですが、小説でも笑ってしまうセリフ、例えば、銀ちゃんのあまりに派手な格好をヤスが褒めると、『オレの場合、センスがセンスしちゃってよう。』なんて言ってみたり、ヤスはヤスで小夏を養う為に火達磨になっても『オレの場合、背中に哀愁が出てるってその分ギャラが高いんです。』・・・『顔なんて写ってないくせに』と小夏につっこまれたり。

 一番印象深くて心に響いたセリフが、ヤスが階段落ちを決めてから毎晩飲んだくれていた時、小夏は『私、この生活気に入ってるのよ、何が不満なの?』と問われて、ヤスは背中を向けて『優しくされるほど、苦しいんだ、切ないんだよ。』とポツリと言った一言です。

 邪険にされることに慣れていたヤスにとっては、優しさが一番嬉しくもあり辛くもあったのだと思います。銀ちゃんも階段落ちが決まってから目をあわせてもくれない、それが淋しくて仕方がなかった・・・最後に渇を飛ばされた時、『銀ちゃんはそうでなくっちゃ!』と喜ぶ姿は長年大部屋で培ったものであり、ヤスの本当の優しさの表れだったと思います。

 小夏も小説の中では昔『二十四の瞳』のヒロインをやったほどの女優で、最後の最後まで銀ちゃんを愛していた、けれど主体性の無かったヤスのひたむきさにいつしか心がヤスへと向かう、女ってそいうとこありますよね。小夏流で言うと『どう観ても不細工な顔』でも新しい出発のため、銀ちゃんのマンションの大掃除を終え、シャワーを浴びて泣き崩れるところは小夏も辛いんだという境地につかってしまいました。

 愛することと愛されること、狭間に立って苦しむこと、尽くすことと尽くされることに慣れてしまうこと、そういうことを考えさせられる作品でした。

|

« 私の好きな作品~『ライ麦畑でつかまえて』 | トップページ | 私のお勧めの作品~『横道世之介』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

KOZOUさん、こんばんわ。山へ行って来たのですか、お疲れ様です。疲れたでしょうね・・・ゆっくり心身ともに休んでください。やはり、違いますか?登った後の気持ちは・・・いいなあ。コメントありがとうございます。また昔のものを引っ張り出してきてつかさんの本を夢中で読んだ頃の事、ちょっとお思い出してみました。あり得ないような話の中で本音がポツリと出てくるのが何ともペーソスで好きでした。KOZOUさんにとっても懐かしいと思ってもらえたら嬉しいです。
 ありがとうございました。

投稿: とこ | 2009年11月 1日 (日) 00時36分

こんばんわ。
今日もいい天気でした。山に登ってきました。

ほんとに懐かしいですね(*^_^*)
本は読んでないのですが映画は見ました。もうそんなになるのですね。
あの軽快な行進曲と共にほんとに懐かしいです。
松坂慶子さん今は貫禄ですがあのときは最高に美しかったでしょうね。風間杜夫も若い、予告編楽しく見せていただきました(*^_^*)
映画は総合芸術、作ることはほんとに楽しいでしょうね。その楽しさと悲哀がまだ残っています。
そしてたまにはいじけるけれど皆、優しく。
ほんとにいい時代の夢の映画の気がしますね。
ひたむきなヤスが特に好きでした。
今どきまったくはやらないタイプでしょうけれどね。
そう言われれば皆そうですね。

投稿: KOZOU | 2009年10月31日 (土) 19時11分

茶々君のご主人様、いつも読んでいただき、ありがとうございます。そうですね、もう30年前なんですね。私もこれは人間愛を感じますね。気恥ずかしい気持ちがホント、よみがえります。もうこんな愛の形はなくなってしまったのでしょうか・・・
形が変わっても忘れて欲しくない感情ですよね。きっとあると信じたいです。
 ありがとうございました。

投稿: とこ | 2009年10月31日 (土) 09時11分

なつかしいですね。
もう
そんな昔なのですね。

その音楽で浮かんできましたよ。
涙の映画ですね。
大人の純愛のようで
いまどきこんな純粋な
どこまでバカなんだって憤った記憶があります。
階段落ちの見せ場
大部屋の唯一のヒーロー役

今の結婚詐欺殺人容疑事件
通じるような
いえいえ
全然違いますよね!
人間愛があふれていますもの。

純愛を逆手にとった
ものとは全く違います!!

ひどい世の中になりました。
たった30年ほどで・・・・


投稿: 茶々 | 2009年10月31日 (土) 07時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/528484/32007485

この記事へのトラックバック一覧です: 私の大好きな作品~『蒲田行進曲』:

« 私の好きな作品~『ライ麦畑でつかまえて』 | トップページ | 私のお勧めの作品~『横道世之介』 »