« 私の大好きな映画~『私の中のあなた』 | トップページ | 私の好きな曲~『ツィゴイネルワイゼン』 »

2009年11月 7日 (土)

私の好きな作品~『ひとがた流し』

北村薫さんの連載小説で、これを原作としたテレビドラマ化したものに私は何故かとても惹きつけられたので、ここで紹介しようと思います。
 ご存知の方も多いと思ったので部分的な書き方になってしまいますが。

ヒロイン・千波は、テレビ局のアナウンサーとして仕事一筋に30067dega代を駆け抜け、40代という人生の折り返し地点を迎えた。ニュース番組のメインキャスターという長年の目標に手が届く直前に、病に倒れた千波を、幼なじみの親友・牧子と美々が懸命に支えていく。フリーライターの牧子。写真家の妻になった美々。二人はそれぞれ、離婚・再婚・出産・子育てという人生の紆余曲折を経験しながら、千波とは変わらぬ友情を育んできた。二人に支えられながら、病と闘い、必死に生きる千波。仕事への執念。後輩ディレクターとの愛。そんな千波の姿は、牧子と美々にも、それぞれの人生に正面から向き合う勇気を与えていく…。(NHKドラマより)
 
 お互い中高生の時に知り合い、ずっとべたべたするのではなく、離れすぎずいい関係ですごしてきた歳月・・・「友情」という言葉ではこぼれ落ちてしまうような、お互いに対する思いがたくさん詰まった作品です。

 夫婦が人生を一緒に歩いていく仲間であるとしたら、女同士の関係というのは、ずっとつかず離れずの位置にいながらいつも心を開いて受け止め合える関係・・・同士と呼んでも過言ではないと思います。「女の友情なんてもろいもの」と世間ではよく言われますね。でも、一度相手を信じたらとことんつき合う、相手を見ることがまるで鏡を観ているかのように・・・だからほっとけない、言いたいこともポンポン言い合えるのでしょう。

 描写のひとつひとつの積み重なりが、登場人物たちがともに生きたということそのものにしたと思います。そして、そのエピソードを丹念に読んでいくと、そのことの重さと意味が読む者の心にじわじわじわと染み渡ってくるのです。

 最後に好きな人と女としていい時間をすごせた千波の一生・・。人生にはそれぞれの時間があって、母から娘に受け継がれる思いがあって、それは川に流れるように過ぎ去っていく・・・川に流れるたくさんの「ひとがた」は、それぞれの願いをのせて流れていく・・・。

 人生は流れに浮かぶ木の葉のようにはかないけれど、それぞれが愛しい大切なもの。そんな当たり前だけれど、当たり前でないことを感じることができました。

自分の感情を押し出す前に、この築いた関係において 今大切な007dega_2 ことは何かを問うことが出来るのは、人間として見習いたいところですね。人間が最後まで忘れてはならないものだと思います。

 誰も教えてくれない、目に見えない本当の“絆”というものが見えてくるような気がしました。

 限りある身であるから、人間は、否応無しに大切な誰かとの別れを体験するでしょう。その時、その人と過ごした時間を一緒に持って行ければ・・・。自分の何分の一かが消えてしまうような喪失・・・。だからこそ、消えても残る、その人との繋がりを確認することがとても大事なのでしょう。
 この物語に書かれた内容の多くは、実際の体験から生まれています。それだけにつらく、また大事な一冊です。

 40代を迎えた彼女達にとって友達とは何かを考えた時、こんなに深く結びついた友情があるだろうかとつい自分のことを振り返り、はっとさせられます。

 でも友情はこんなにも深く、でも切ないのだとしみじみ思いました。『転がる石にはコケはつかない』、転がりながら成長していく友達や家族について考えるための作品でした。

|

« 私の大好きな映画~『私の中のあなた』 | トップページ | 私の好きな曲~『ツィゴイネルワイゼン』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

女の友情。
自分が”どうしよう。もう本当にダメかも。”て思った時にフッと力になってくれる友達がいます。
日常では会う事がなくて、本当に疲れた時、そんな時に、”
いてくれたんだ。”って温かい気持ちにさせてくれる親友。
時を重ねた時にも、きっとまた会えるし、”なんか支えになる。”って思える時が来る気がします。
とこさんの記事で、親友の事を思いだしました(^^)。
ありがとうございました。
久々に連絡しようかな♪

PCの調子が悪いのですね。
今はすごく安いものから色々ありますね。
最近感じたのは、デスクトップか、本当に持ち歩ける小さなノートPCか、買うとしたらどちらかがいいと思いました。

少し前に、A3サイズ位のラップトップPCを買ったんですね。
でも、”持ち歩けるけど重めだし、家で使うならデスクトップの方が文字の編集だとか、トータル的に便利だし。”と感じ、中途半端な大きさのPCを家で固定PCの様に使ってるんです(^^;) …あくまでも私の場合ですが…。

投稿: Marunaga | 2009年11月10日 (火) 05時35分

おはようございます。
今日は少し寒いようです。
とこさん、いつも読んでいただきコメント大変ありがとうございます。レスを書いていますのでご覧になってください。
教会楽しみですね(*^_^*)

投稿: KOZOU | 2009年11月 8日 (日) 07時35分

KOZOUさん、いつもありがとうございす。北村さんにしては珍しい本だったのですね。でもミステリーまではいかないけれど、展開が普通のドラマとはちょっと違う気がしました。でも3人の友情がメインですね。おっしゃる通り、真の友は2~3人いればそれは最高の財産でしょう。でも現実は心底信じる事が出来る友を1人持てればいいほうだと最初は感じました。3人となるとなかなか難しい、それも40代で・・・だから羨ましいという部分が多かったですが、私にもいると確信できているので(一人よがりかもしれませんが)、このヒロイン達の悩みや苦しみも少しは理解できたと思います。やはり救われるものに自然と傾いている傾向があるのでしょうね。
 ありがとうございました。

投稿: とこ | 2009年11月 7日 (土) 08時34分

おはようございます。
今日はそう寒くないようです。

ミステリーは好みが激しいのですが北村薫さんは読書量は少ないですが好きですね。
ひとがた流し、テレビドラマにもなって評判だったですよね。記事を読んでちょっと驚きました。
ほとんどミステリー的要素はないのですね。
しっとりじっくりと3人の女性の人生模様を描いたものなのですね。
友情、ほんとに大切なものですね。
真の友を2,3人も持てればそれは最高の財産でしょうね。
千波さんも友と共に悩み助け合い救われていくのですね。
男の友情も女の友情もあまり変わらないような気がします。
いいものはいいし、当然ですが悪いものはよくないし。
ひとがた流しのタイトルがまたいいですね。
タイトルはほんとに大事だと思います。

とこさん、いつも読んでいただきコメント大変ありがとうございます。レスを書いていますのでいつかご覧になってください。

投稿: KOZOU | 2009年11月 7日 (土) 07時25分

茶々君のご主人様、早々にありがとうございます。
心身共にご苦労されたのですね。そういう時、仲間も必要ですが、本と触れ合う中で合気道を見つけられたことは本当に救いだったのですね。私も友達は若い頃にワイワイするくらりにしか思っていなくて本が自分を救ってくれたと思っていましたが、この歳になると、仲間の優しさがしみます。今の私にとってはご主人様のようにブログにコメントを下さる方と、教会の仲間が拠り所となっていることは確かです。ですから感謝の気持ちを持ち続けられるのだと思います。
 ありがとうございました。

投稿: とこ | 2009年11月 7日 (土) 06時42分

女の友情を含めいろんな友情、戦友と呼べる
なかの人間関係・人間模様から生まれる
さまざまドラマ、あまりに現実すぎてドラマとして
ではなく今の自分に置き換えてみてしまうのでしょうね。

40から50歳って、さまざまな体験も経験し今
まさにいろんな課題を背負って若者のように
発散できない社会的な理性も働き、一人では
どうしようもないことが多い時でしょうね。

振り返れば、会社改善への圧力から工場から営業への配置、母の病気、息子の進学・・・とってもしんどかったです。
仲間、家族以外に学生時代の友達で支えられるのでしょうね。

基本あまり得意ではないので、自分であくせく本屋に
通っていたと思います。そしてこの時であった合気道にとっても助けてもらったと感謝しています。

悩んでいても、汗をかいている間はわすれてしまうんです。
本で読んだ通り、頭は二つのことを同時に考えられない
って本当だな。だからストレスにはスポーツなんだと妙に
納得した記憶があります。

利害がないボランティア活動もとってもいいのでしょうね。
ありがとうございます。


投稿: 茶々 | 2009年11月 7日 (土) 06時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/528484/32108043

この記事へのトラックバック一覧です: 私の好きな作品~『ひとがた流し』:

« 私の大好きな映画~『私の中のあなた』 | トップページ | 私の好きな曲~『ツィゴイネルワイゼン』 »