« 水上勉『飢餓海峡』 | トップページ | アルビノーニのアダージョの秘密 »

2010年3月24日 (水)

芝居に賭けた人生~山﨑 努

 山崎さんは、映画が出発点であったことを私は知りませんでした。黒澤明監督作品の『天国と地獄』で演じた誘拐犯・竹内銀次郎役、同じく黒澤作品の1965年、『赤ひげ』で演じた佐八役で注目され、その後映画をはじめ、テレビ・舞台へと活躍の舞台を広げられたのだそうです。
 1984年の『お葬式』から『タンポポ』『マルサの女』と、『マルサの女2』からその位置を津川雅彦氏に代わるまで伊丹十三監督作品に連続出演されていました。

『静かな生活』にも出演。2000年、紫綬褒章受章。最近では、2001年の『GO』(東Yamazaki001映)、2004年の『世界の中心で、愛をさけぶ』と、全幅の信頼を置く行定勲監督作品に連続して出演し、鍵を握る役どころを圧倒的な存在感で見せました。現在も舞台、テレビドラマ、『地球大進化46億年・人類への旅』などで活躍し、2007年、秋の叙勲で旭日小綬章を受章と功績が認められて入る事は私にとっても嬉しいことです。

 「必殺シリーズ」において、人気キャラである念仏の鉄を『必殺仕置人』(1973年)、『新必殺仕置人』(1977年)と2度演じた事がありこれは極めて稀な例だそうです。そう、あの頃は山崎さんではなく鉄さんと呼んでいましたね。

 その後は『九門法律相談所シリーズ』を楽しみにしていました。強面でいかにも検事と言う感じだったのが、口は悪いけれど、優秀な弁護士・・・娘のめぐみさんとも仲がいいんだか、悪いんだか・・・でもああいう親子のやり取りは聞いていても不快にならないのだから不思議です。

 深く刻まれたしわとムスッとした表情、低いトーンの声など、他に並ぶ者がいないほど独特な存在感・威圧感を併せ持ます。その実力は渡辺謙さんが自ら、自分は山﨑努の弟子と公言してはばからない程です。渡辺さんがまだ若手だった1985年に自身プロデュースの舞台『ピサロ』に渡辺さんを起用したことが縁で二人の師弟関係が始まりました。

  山崎さんの舞台は特に観てみたいと思っていますが、なかなか舞台には行けません。『リチャード三世』や『ヘンリー四世』などは素晴らしいのだろうと推測されますが、せめて教育テレビで放送してくれるのをまつばかりです。

 1977年に公開された『八つ墓村』では、史上最凶最悪の殺人鬼・多治見要蔵を演じました。青白い顔で、日本刀と猟銃を手に、次々と村人を殺害していくシーンは、見る者すべてを戦慄させましたね。

『天国と地Aoki005獄』では、この 映画は主役が3人いて、映画の前半=被害者:三船敏郎 後半=刑事:仲代達也たち  終盤=犯人:山崎さんという形になっていますが、この終盤と言うのは実際には5分ちょっとしかないのですが、山崎さんがその5分でおいしいとこ全部持っていったそうで、(世界的スターだった三船氏や仲代氏を向こうにまわして…この映画140分もあるのに・・・) 

実際には山崎さんの場面のあとにまだ続きが用意されていたのですが、山崎さんの演技の凄さにかの黒澤氏が続きの場面をすべてカットし、エンドマークにしてしまったなんて事も聞いています。

 山崎さんの面白い面を見たいなら『刑務所の中』でしょう。面白いとこ大炸裂です。ドラマでも笑ってしまうのは『人に言えない職業の男』もそうですね。『クロサギ』(2006年/TBS)の詐欺師の大本締め桂木敏夫役かっこよかったすね。

でも本当はアットホームにすごされているようで、湯川学的に言えば、『さっぱり解らない。でも面白い。』というところでしょうか。

|

« 水上勉『飢餓海峡』 | トップページ | アルビノーニのアダージョの秘密 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

I couldn’t locate an excessive amount of not identical data on this piece of articles, so it absolutely was effortless to discover his one. I will likely be spine yet again to overlook the other submissions that you have subsequent time.
Emmett https://georgeannweisner.wordpress.com/2015/01/04/work-outs-for-ankle-arthritis

投稿: Emmett | 2015年2月15日 (日) 07時50分

おりえさん、こんばんわ!!!
すぐお返事出来なくてごめんなさい。不幸が立て続けに起こり、やっと今日の夕方帰ってきたのですが、バタンキューでした。
山崎さん、いえ、念仏の鉄さん、あれは衝撃でしたね。おりえさんも私も渋め好み過ぎ??いえいえ、演技というか一役者として尊敬できますよね。お惚けぶりもたいしたものです。だから検事上がりの弁護士であまりお金にならないような仕事受けちゃうなんて深い役を上手くこなせるんですね、きっと。
 必殺シリーズも最初の頃が面白ろかったですね。
あの頃の音楽、最近でも使われていますが、いい相乗効果だと思います。4曲くらいは歌えますよ(笑))。
 本当身体に気をつけてがんばってただきたいです。
 ありがとうございまた。

投稿: とこ | 2010年3月28日 (日) 00時32分

 とこさん、こんばんは!!!
山崎さんは良い役者さんですね。緒方拳さんとライバル同士でしたっけ?本当に名優という言葉がぴつたりな方だと思います。

 私にとってこの方は必殺シリーズの鉄さんというイメージです。リアルタイムで見ていたわけではないのですが、動画で新必殺仕置き人の衝撃のラストを見たのですが、正しく神演技でした。食い入るように画面を見てました。凄い衝撃でした。初めて演技って凄いと思えたお芝居でしたね。

 緒方さんが既に亡くなられていますが、山崎さんにはまだまだ頑張って頂きたいです。

投稿: | 2010年3月26日 (金) 00時46分

KOZOUさん、深夜の徘徊ご苦労様です。さっき、遅ればせながらメールを出しました。
 青木繁、いいですよね。重厚な感じで。きっと波乱の人生だったのでしょう。
 どうぞ、KOZOUさん、書いてください。私はまだ作品が5点くらいしかないですし、奥が深そうで。。。KOZOUさんの文章にとても生えると思います。いつか書いて下さいませませ。
 私も早朝サーフィンします。

投稿: とこ | 2010年3月25日 (木) 03時57分

こんばんわ
深夜の徘徊です(^_^;)

絵は青木繁ですかね。
幻想的ですね。
高校の裏山に青木繁の碑がありました。
とこさんも書いてありましたがいつかわたしも書きたいです。

投稿: KOZOU | 2010年3月25日 (木) 01時49分

しのぶさん、こんばんわ。
いつもありがとうございます。
ホントに色んな顔を持つ役者さんですね。
八つ墓村は凄かったですね、もう取り付かれたような演技でした。
最近は悪役をあまりされませんが、いい意味で裏切ってくれる役者さんですよね。
スーツもラフな服も素敵ですね。
私生活は穏やかと自分で調べて書いておきながら何ですが、若い頃は無茶もやったような気がしてしまいますね。

 こういう癖のある役者さんは大好きです。
 ありがとうございました。

投稿: とこ | 2010年3月25日 (木) 00時53分

 こんにちは。

 どんな役でもできちゃう人ですよねぇ。
 やはり、八つ墓村がとても印象的です。
 
 本当はどんなお人なのでしょうかね。この手の役者は普段から幾つもの顔を持っていそうだけど、そんなことないのかな?

 歩き方1つとっても、スーツのときとラフな服のときとでは、別人格になっていそうな気がしてます。(笑)

投稿: 酒井しのぶ | 2010年3月24日 (水) 17時20分

茶々君のご主人様、こんにちわ。
やはり、必殺シリーズでしたか!!良かったですよね。
クロサギ、私、原作は知らなかったんですが、そうですか。

尾形拳さん同様、貴重な存在ですね。少しでも長く、拝見していたい方です。
そう、必殺シリーズで尾形さんは、藤枝梅安役で共演していましたね。再放送して欲しいですね。
 ありがとうぎざいました。

投稿: とこ | 2010年3月24日 (水) 13時07分

とってもはばと個性のある実力派の
俳優さんですよね。必殺の時は
はまり役でしたね!
ぼきぼきとなる音思い出しますよ~
それに
クロサギもコミックを先にみていたので
とっても面白く、違和感なくみれました。
歳を重ねますますのご活躍を
期待しています。

投稿: 茶々 | 2010年3月24日 (水) 11時03分

KOZOUさん、おはようございます。
雨が続いているようですね。桜が散ってしまいませんか?
こちらはまだ雪がちらほら。山はまだ雪帽子をかぶっていますよ。いい眺めです。

暗い話が続いたので、ちょっと息抜きをと思いまして(笑)。
 山崎さんを本格的に好きになったのはやはり必殺シリーズでした。「鉄さん」としばらく呼んでましたっけ。シビアな中にもユーモアがあって、そういう役をさらっとこなすのは凄いナと思います。
 本当に地はどうい方なのか全く解らないのですが、真面目な方のようにもとれるし、アウトロー的にもとれるし、ミステリアスですね。
 書かれていますように「演じているときはもう地の自分は忘れているのでしょうね。音楽家は演奏しているとき我を忘れ、作家も書いているときは忘れ、別の世界、いいですよね。」、ホントそうですね、私も仕事をやってる時は没頭しすぎて、あらゆることを忘れちゃたり。。。これは少々困るのですが(笑)。こんな役者さんがこれから現れるか、期待したいです。
 ありがとうございました。

投稿: とこ | 2010年3月24日 (水) 09時49分

おはようございます。
だいぶ雨が降りました。

山崎努さんすごい役者ですね。
書かれていますように八墓村の犯人、すげー。
天国と地獄も確かに。
ほんとに存在感のあるすごい人だと思います。
俳優はほんとにたいしたものですね。
演じているときはもう地の自分は忘れているのでしょうね。
音楽家は演奏しているとき我を忘れ、作家も書いているときは忘れ、別の世界、いいですよね。
まあ、普通仕事しているときも熱中したら自分のことは忘れるでしょうけれど。
シリアスから暖かい人柄まで自由自在のようですね。
こんな役者さん少ないですよね。
いつまでも元気にがんばってほしいです。

投稿: KOZOU | 2010年3月24日 (水) 06時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 水上勉『飢餓海峡』 | トップページ | アルビノーニのアダージョの秘密 »