« 映画『シンドラーのリスト』 | トップページ | 私の好きな作品たち~森絵都編 »

2010年4月28日 (水)

バッハの偉大な演奏者『グレン・グールド』

 世界的に人気の高い、この方を私は迂闊にも知りませんでした。「私は彼を崇拝している」。。。この言葉が私を動かしました。
後日、「聴いてみて」と送られてきたCDを聴いたり、youtubbeの動画を観たりしていくうちにその素晴らしさに魅せられました。

 グールドは、一般的なクラシックのピアニストとは一風異なるレパートリーの持ち主でした。デビュー以来、グールドは活動の基盤をバッハにおいてました。その傾倒ぶりは、彼のバッハ作品の録音の多さはもとより、彼の著述からもうかがい知ることができます。Kurudo001_2

 グールドの興味の対象はバッハのフーガなどのポリフォニー音楽(複数の異なる動きの声部が協和しあって進行する音楽)のことでした。
 バッハは当時でももはや時代の主流ではなくなりつつあったポリフォニーを死ぬ直前まで追究しつづけましたが、そうした時代から隔絶されたバッハの芸術至上主義的な姿勢に共感し、自らを投影したと思われています。

 グールドのデビュー当時、バッハの作品は禁欲的な音楽であると考えられていていました。精神性の高さを重視したピアノ演奏が支持されていたのです。また、19世紀末から始まったチェンバロ復興運動の流れから、その鍵盤曲はチェンバロによって演奏するのが正統であるとの考えが広まりを見せていました。こういった事情により、ピアノに華やかさを求める演奏者・聴衆はバッハを避ける傾向にありましたが、グールドは、デビュー作「ゴルトベルク変奏曲」の録音において、旧来のバッハ演奏とは異なる軽やかで躍動感あふれる演奏を、ピアノの豊かな音色と個性的な奏法により実現したのです。

 発表当時の評価は大きく分かれました。しかしその後、ピアニストに限らず多くの音楽家に与えたインパクトは甚大であったことは確かです。その後も、様々なバッハの鍵盤作品について大胆な再解釈を行い、バッハ演奏について多くの業績と録音を残しました。
 こうして、グールドは、リヒテルが『バッハの最も偉大な演奏者』と評したように、バッハ弾きの大家としての名声を不動のものとしていきました。

 バッハの『ゴルドベルク変奏曲』を聴くことそのとたん、ゆっくりとにバッハが染まりながら広がっていいく。。。
 グールドのピアノは音一つ一つが柔らかく、そのように弾きたいがために自前の低めの椅子をコンサートホールにまで持ち込む、まるで小さな子供が弾いてるような格好でした。

 極端に猫背で前のめりの姿勢になり、時に大きな手振りでリズムを取るといった特異な奏法と斬新な演奏で世間の注目を集めました。坂本龍一氏は、この伝統的には正しくない姿勢について、上半身の力が過度にかからず、音が非常に清潔でクリアになっていると指摘しています。

 伝統的な「正しい姿勢」による奏法は、強大なフォルテを生み出すことが可能である反面、一つ一つの音の精度を下げているという考え方です。

 ピアノという楽器の中で完結するようなピアニズムを嫌悪し、自分は「ピアニストではなく音楽家かピアノで表現する作曲家だ」と主張していたのですが、第1の業績が斬新で完成度の高いそのピアノ演奏であることは異論のないところでしょう。

 もう一つ、私が驚いたのは、ピアノを弾きながら口ずさむと言う行為でした。この動画はまさに良く表していますが、スタジオ録音でも歌うので、「ノイズが入る」と注意すると、グールドは黙ってピアノを弾くことはできないとして生涯この癖が直ることは無かったそうです(笑)。しかしこの歌声によって現在弾いている曲の隠れた旋律や主題を分かりやすく聞くことができるのも事実です。

 グールドは、作曲者Kurudo002_2 のように演奏をします。演奏にあたっては、楽譜が指定したテンポ、強弱、アーティキュレーション(はっきり区別すること)、装飾記号などを勝手に変更したり、分散和音の一部を強調して繋いで新たな声部を作ったりしたそうです。また、和音を分散和音にしたり、当時のピアノ演奏の慣習になかった上方から下方へのアルペジオ(リズム感や深みを演出する演奏方法)、いわゆる逆アルペジオを大胆に使ったことでも有名でした。とりわけ、ゴルトベルク変奏曲の主題アリア第11小節の逆アルペジオは反響が大きく、その後、多くのピアニストが倣うようになりました。

 モーツァルトの演奏においては、装飾記号の無視がはなはだしく、モーツァルトの装飾性を軽蔑したと言われます。さらに、グールドは、意図的に反復記号を無視して演奏するため、当時リヒテル等から批判されていました。

 そうまでしてして貫いた彼の姿勢には頭が下がります。
『芸術の目的は、瞬間的なアドレナリンの解放ではなく、むしろ、驚嘆と静寂の精神状態を生涯かけて構築することにある』という言葉は特に有名です。

 他にもこんな言葉が残っています。

 『グールドは私にとって永遠のアイドルだ』(ウラディーミル・アシュケナージ)
 『グールドより美しいものを見たことがない』レナード・バーンスタイン)
 『結局、彼は正しかった』(ユーディ・メニューイン)

 これからは作曲者だけでなく、奏者にも多いに眼を向けていこうと思います。でもグールドは奏者ではなく作曲・編曲の名手だと私は思います。

|

« 映画『シンドラーのリスト』 | トップページ | 私の好きな作品たち~森絵都編 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

【ドイツと日本の交流150年を記念して、カンタータを歌いませんか!!】 
 
バッハ大好きな皆さ~ん、ソロソロ出番ですヨ~ッ!!  バッハのカンタータ、素晴らしいですネ~!!  ドイツ人の合奏団仲間と一緒にカンタータを歌いませんか!!  そして東日本大震災・復興支援にも貢献しませんか??  

≪ドイツと日本の交流150年を記念≫して、【グレイス合唱団】では、ドイツの新進気鋭の合奏団を交え、日本オペラ界を代表するソリストと共に≪バッハ音楽の世界≫カンタータ他のチャリティー公演を予定し、合唱団員を募集しています。 男声は特にWelcome!!  共々に一生涯の思い出に残る、至高・至福の音楽を味わいませんか!! 

☆公演: 2011年9月17日(土)午後/ウェスレアン・ホーリネス淀橋教会(JR:大久保駅近く) 

☆曲目: カンタータ 4番 & 80番とブランデンブルク協奏曲… J.S.Bach作曲 

☆出演: 稲垣俊也(バス)… イタリア・ヴェルディ国際声楽コンクール優勝者!! 新国立劇場開場公演の主役 & 二期会50周年記念公演の主役を演じる、日本の誇るオペラ歌手!!  遠藤久美子(ソプラノ)、広川恵(アルト)、鏡貴之(テナー)

☆合奏: アクロアマ・アニマータ(ドイツ)…acroama animataで検索すると素晴らしい演奏の一部が聞けます!!

☆後援: ドイツ大使館、東南アジア文化友好協会、日本国際飢餓対策機構、キリスト教系各紙 他

☆チャリティー先: 東日本大震災復興支援、東南アジア文化友好協会、日本国際飢餓対策機構、ワールドビジョンジャパン 

投稿: グレイス合唱団 | 2011年6月16日 (木) 14時59分

IK さん、こんにちわ。訪問ありがとうございます。
グレー、そういえば一番好きそうな色かも。

レコーディングに徹するようになった背景が少し解った気がしますね。クラッシック界のDJ、そうかもですね。

椅子の話、知りませんでした。確かに家族ですよね(笑)。

これからも宜しくお願いします。
ありがとうございました。

投稿: とこ | 2010年4月30日 (金) 12時07分

グールドは色としても人生としても灰色、
グレーを特にこのんだそうです。
だからこそゴルトベルクのレコーディングで始まり
それで最後を閉じたのかな、と言う感じもします。

グレングールド名言集
とあるTVの録画場面より
・司会者「その古い椅子はなんですか?」

・グールド「僕の家族に対して失礼だな!」

と(笑。

投稿: nemsis IK | 2010年4月30日 (金) 06時15分

KOZOUさん、おはようございます。
早速ありがとうございます。アップしたこと、言っておけばよかたですね。こちらはまだまだ寒いです。どうなってるんでしょうね。「このような世界に浸れること、本当にうらやましいです。
自分で声まで出して。」あい、前代未門です。
バッハは殆どチェンバロやオルガンのイメージだったので、ピアノは。。。と思っていたらとんでもないですね。
あの坂本龍一氏が選曲、プロデユースしたCDもあるくらい、音楽通にも愛された方だったようです。
「一流の演奏家は本当にある曲に自分で作曲、編曲しているのでしょうね。」そうなのでしょうね。自分の音を求めたらそうなってしまった、みたいな感覚もあったのではないでしょうか。観た眼も変わっていて、コンサートに、燕尾服は着ないでセーターにコートだったりしたそうです。いろいろなこだわりが彼を彼らしく見せていたのでしょうね。ある種天才なのかもしれません。おりえさんの嫌いな破滅型の天才ではないようです。
 ありがとうございました。

投稿: とこ | 2010年4月29日 (木) 09時29分

茶々君のご主人様、おはようございます。
最近サボっててすみません。変わった人でしょう?最初はyoutubeをみたので、えっ、やらせ?と思ったほどです。でも音楽に対しては、意見が分かれることが度々ありましたが、バッハはともかく、好きな作家の曲は素晴らしいのですが、嫌いな作家(残念ながらリストとか)は一切弾かない人でした。ベートーベンも多いですね。
「姿勢や既存のルールなどにとらわれることなく
自分らしさを表現するって武道の「守離破」のようですね。」
ホントですね。私も先人の智慧を身につけ、大きくなりたいです。天才じゃなくちゃ、ここまではできないでしょうけれど。
頑張りましょうね、
ありがとうございました。

投稿: とこ | 2010年4月29日 (木) 08時53分

おはようございます。
日に日に暖かくなっているようです。

朝からいい音楽を聴かせていただきました。
それにしても本当に陶酔ですね。
このような世界に浸れること、本当にうらやましいです。
自分で声まで出して。
途中、犬があくびをしているのは愛嬌ですけれど。
よくこのような映像が撮れたと思います。
バッハは大好きですね。
チェンバロのような古楽器もほんとにいいと思います。
そして専門的なことは全くわからないですが、確かにとても軽快で弾むような演奏ですね。
一流の演奏家は本当にある曲に自分で作曲、編曲しているのでしょうね。
古典はそれに耐える強さを持っているのでしょうね。
「芸術の目的は、瞬間的なアドレナリンの解放ではなく、むしろ、驚嘆と静寂の精神状態を生涯かけて構築することにある」、これは彼の真摯さがよく出ているのでしょうね。
瞬間的なアドレナリンの解放でももちろんそれはそれで好いでしょうけれど。
いい時間でした。

投稿: KOZOU | 2010年4月29日 (木) 08時08分

最初聞きながら読んでいくと
チェンバロの音に聞こえましたけど
ピアノなんですよね。

いままでのクラシックのような雰囲気と
異なる雰囲気です。音楽家が道具として
ピアノを操作することから生まれるのでしょうね。

姿勢や既存のルールなどにとらわれることなく
自分らしさを表現するって武道の「守離破」のようですね。

先輩の智慧を身につけ
自分力を最高に引き出す

すばらしいことですね!
いっぱい先人の知恵を学びたいと
思います。そのうえで自分流が創出できたらいいですね。

ありがとうございます。


X線写真のようにみえるのはなにでしょうか?
私のIPHONEでもできるんですよ!

投稿: 茶々 | 2010年4月29日 (木) 06時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画『シンドラーのリスト』 | トップページ | 私の好きな作品たち~森絵都編 »