« キャンセルのはしり『ミケランジェリ』 | トップページ

2010年5月17日 (月)

自由を奪われるということ『ホワイトナイツ』 白夜(1985)

 この映画は何度映画館に通ったことか、数え切れません。ストーリーはとてもシンプルなのですが、ダンスシーンや脱走シーンetcはこの配役で成り立ったともいえるのではないでしょうか。

 ロンドンから東京に向う国際線が、白夜のシベリアのとある空港に不時着した。乗客の世界的なダンサー、ニコライ(ミハイル・バリシニコフ)は負傷しながらも、身元のわかるパスポートやクレジットカードをちぎってトイレに流した。彼は8年前、人生と芸術の自由を求めてアメリカに亡命し、祖国ソ連では犯罪者となっているのだ。病院のベッドで意識を取り戻したニコライに、KGBのチャイコ大佐(イエジー・スコリモフスキー)が笑みを浮かべていた。「おかえり、ニコライ」。ニコライは重傷者として拘留されマネージャーのアン(ジェラルディン・ペイジ)は、他の搭乗者と一緒に西側に移されることになった。
 

 チャイコはニコライを新装されるキロフ劇場に再び登場させようと考え、その説得役として黒人のレイモンド(グレゴリー・ハインズ)とン連人妻ダーリヤ(イザベラ・ロッセリーニ)の夫婦に彼を預けた。

 レイモンドは、かつてアメリカの国策に反対し、ニコライとは逆にソ連に亡命したタップダンサーである。だが、亡命当時は優遇された彼も、今ではシベリア公演のみが与えられた「自由」だった。監禁状態同様のあつかいにニコライは、レイモンドとダーリャをKGBの手先だと批難した。芸術の自由を得るために母国を捨反目しあった2人だが、やがて互いの立場を理解し、ニコライはダンスをすることを了解。

公けには意識不明とされたまま、彼はレイモンド夫妻とともにレニングラードヘ移された。
 一方アンは、ニコライの身柄引渡しをアメリカ大使館に求めたが、交渉は難航していた。レニングラードでニコライは、かつての恋人ガリナ(ヘレン・ミレン)と再会、8年間の時間を2人は感慨深くふり返るのだった。ニコライが脱走を企てたとしてチャイコはダーリャを連れ去った。

 ニコライはリハーサルを開始した。2人は見事なダンスを繰り広げる。
 そして彼はダーリャに想いを寄せているように装い、彼女を取り戻した。そのころガリナはニコライのソ連脱出の決心に負け、秘かにアメリカ大使館と接触、脱出工作を手助けした。綿密な計画通りに3人はKGBの目を盗んで脱出を開始。だが、レイモンドはチャイコの目をそらすため、自らオトリとなり、ニコライとダーリャはアメリカ大使館に駆け込んだ・・・。
 何日か経ったある日。深夜、レイモンドはチャイコに車で連れ出された。処刑か?不安に襲われるレイモンド。。。。g(oo映画より抜粋)

 ニコライの創作ダンス、レイモンドのステップが合った時、もう2人の間には友情が芽生えていたと思います。レイモンドにしても出来るならアメリカへ帰りたいと思っていたとはず。でも手立てを知らなかった。。。執拗なまでに付きまとうKGBのチャイコ大佐。

 照り続け、沈む事の無い白夜。。。気がおかしくなると人は言います。

自由を求めただけなのに、自由な芸術を模索しただけなのに、監獄のように見張られる日々です。

 3人の脱走劇は、ある高級な一室に押し込められ、ニコライがダーリアにちょっかい出したという前提で喧嘩を始め、それを録音したテープを流し続けることで3人が部屋に居るように見せかけ、窓から縛ったシーツで階下まで降りると言う計画でした。

 ところがチャイコ大佐が帰ってきてその頭上に3人目のレイモンドが。。。
レイモンドは引き返して2人を脱出させ、部屋から出て行き、チャイコ大佐に自分の妻を寝取られたと告白し、ウォッカを2人で飲み、酔いつぶらせようとします。でもテープの音声が同じ会話の繰り返しということを突き止められ、レイモンドは監獄に。

 数日経ったある夜、レイモンドは暗い道を『まっすぐ歩け!』と言われ、後ろから銃殺されるとばかり思っていましたが、向こうからも人が歩いてきて『ハーイ、同士』と言ってすれ違うのです。
 あっけに取られたレイモンドを待っていたのは、妻のダーリア、そして固く結ばれたニコライの顔でした。もう、私は何度観てもこの場面は忘れられません。

 この映画で私が得たものは、亡命とは名の通り、命がけであり、一度自由を奪われた人間は半ば諦めて新しい人生を見つけそのかごの中で生きなければならないこと。そしてお互いの国の人質交換が名誉の為になされるとい事実です。そして国境を超えようと、色が何色であろうと信じ合えるということです。

 そして、ラストに流れたライオネル・リッチーの『Ssy you Say me』は名曲としてグラミー賞を取りましたね。ではこの曲をお聞き下さい。

|

« キャンセルのはしり『ミケランジェリ』 | トップページ

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

I really liked your post.Really thank you! Keep writing.

投稿: streaming porno | 2016年2月 3日 (水) 02時29分

asics singspore store

投稿: asics shoes singapore online | 2015年4月21日 (火) 17時25分

Buy cheap stitched jerseys from china online with paypal.Fast free shipping and free gift you can get.

投稿: http://www.sibowl.com/SiteUrls.html | 2015年1月10日 (土) 06時19分

露出好き変態女のおなぬー見て3マソGET!!
http://findeath.net/art/3k41sgb
次はセックヌ出来るやつ試してみるわw

投稿: ヵッォ | 2010年6月10日 (木) 20時25分

こんばんわ。

HPへのご訪問ありがとうございました。
あいさつ簿でもBBSでもどちらでもいいですから、どうかお気楽に(*^_^*)
お仕事いつも大変お疲れ様です。

投稿: KOZOU | 2010年6月 8日 (火) 19時05分

こんばんわ。
こちら梅雨に言ったように毎日雨です。

お仕事大変お疲れ様です。
わたしも閉じてしまい言えませんがゆとりが出られたとき少しでも書いていただけばとても嬉しいです。

ダンス改めてみましたがやはりすごいですね。
ソ連では思うとおり踊れなかったのでしょうね。

ヤボをもう一度だけ(^_^;)
ナチスもソ連も結局人間の怨念の国だったのだと思います。第一次大戦に敗れたドイツは無惨な物で国民は劣等感に打ちひしがれ、そこにヒトラーが偉大なドイツの幻想をばらまき。ソ連も革命後の外国の干渉はものすごく国民は全世界が潰しにかかっていると被害妄想を持ち(それは事実ですけれど)ヒトラーもソ連を潰すことが戦争の最大の目的だったのですね。だからスターリンも異常に国民を締め付けるしかなかった、ほんとに不幸だと思います。そのあと調べたらソ連国民は戦争中2600万ほど亡くなっているのですね。第二次大戦の死者の三分の一ですユダヤ人虐殺の4倍以上、すさまじいものです。その歴史はけして忘れていないロシア人、ロシアを考える基本のような気がします。

投稿: KOZOU | 2010年5月24日 (月) 00時41分

とこさま

突然のお知らせにちょっとショックを
受けましたが、知性豊かなとこさまのベストな
選択なので、ゆっくり時を待つことにいたしました。

これまで、私どものような娯楽性の高い
ブログにきていただき恐縮して、
つい甘えて失礼な言葉をお許しください。

こちらこそ。知らない世界を数多く
お教えいただき、かつありがたいお祈りまで
していただき感謝の念に堪えません。

とこさまも無理せず
おからだご自愛のほどお願いいたします。

当方は、あいかわらず
無理せず、茶々と二人で皆様の
幸せを願いブログを発信していきます。

もしお時間ありましたら、また
声をおかけくださいませ。

ほんとうに
ありがとうございました。

茶々
茶々の主

メール送信できないようですので、
コメント欄をお借りしました。

投稿: 茶々 | 2010年5月19日 (水) 21時28分

茶々君のご主人様、あはようございます。
いつも本当にお付き合いくださり、感謝です。
はい、歌は最後に二人が見詰め合った時に流れてきて、
ウルウルしました。かなり当時はこの歌流行ったようですね。
ダンスも一級品でした。レイモンドがラジカセの音にあわせてタップをするシーンを観たら、ご主人様はじっと観てはいられないだろうなって思いましたよ。でもご主人様はフラメンコダンスが似合いそうです、ホントに。姿勢はいいし、やっぱり基礎が出来てるからあっと言う間に踊れちゃう気がします。
また前触れがながくなりましたが、私も最初の1..2回はライオネルの歌と最後のハッピーエンドとダンスですね、そこばかりに眼が行っていましたが、何時の時代も芸術は国の宝にしておきたいという意志が働くのでしょうね。もっと自由に全世界の人々に観てもらいたい芸術はたくさんあるのに。。。
今、中国で万博が開かれていますが、決して有名な絵画などは国を代表するほどの作品は無いようですね。何のための万博なのだろうと思ってしまいます。映画の上映なんかもないのでしょうかね。芸術は皆で分かち合いたいですね。
 ごの主人様のダンス姿を妄想して。。。
 ありがとうございました。

投稿: とこ | 2010年5月17日 (月) 08時22分

KOZOUさんおはようございます。
いつも本当に丁寧に読んで下さり、感謝してます。
それに助言もありがとうございます。ソ連の実情を知らなくてソ連軍が圧倒的に悪いような感じを抱いてしまっていましたが、「ほんとに歴史の最大の皮肉だと思っています。ただナチスを実際撃破したのはソ連、2000万もの犠牲を出しながら、ロシア人はまさにシーシュポスの民だと思っています」と言う言葉はしみました。

 映画にもどりましょう。ストーリーはホントに単純そうに見えます。でも全体に踊りが自然に入り組んでいて、トップにでてくるミハイル・バリシニコフの踊りはここまで追及したという感慨深いものになっています。まさに創作ダンス、ん、ダンスの息を超えた芸術ですね。ダンスが終わって控え室にわんさか集まって絶賛され、恋人もいて。。。でもそれが彼の自由ではなく、あくまで芸術を追求する為に自由が必要だったことが、冒頭から訴えられてるようでした。

やはり踊りがメインでしたが、それぞれの人間模様も苦しくなる映画、ハッピーエンドがこんなにほっとした映画も無かったと思います。さしずめ、アマリカが創った映画ではいつもソ連は悪者という構図はもうなくなったでしょうが。
 レイモンドの妻のダーリアがふっと言った『煙になってしまいたい』は心の奥をみたようで、ずーんときました。
やはり、ライオネル・リッチーの歌がとても良い効果音でした。最後に見つめあうニコライとレイモンド。
前に書いた『キリング・ザ・フィールド』を思い出しました。
長々書いてしまいました。
 でも観てくださり本当にありがとうございました。

投稿: とこ | 2010年5月17日 (月) 07時50分

素晴らしい歌ですね!
たしかに聞いたことがある旋律です。

自由を求めて亡命するが、
そこには、また束縛された世界が
超一流の芸術家、文学者・・・・国の宝なので
国の管理が発生して、自分の思い通りの行動や
発言はあまりにも世界への影響が強いのでそうなるのでしょうね。国家も最大限利用しようと画策するでしょうし、
難しい問題ですね。

日本でも、スポーツ選手やタレントの名声を
期待した議員誘致もなにかすっきりしない
ものが残ります。

ダンスいいですね!もうからだがゆうことを
きかないですが、やってみたいですね。

タップダンスは興味あり、パントマイムも
フラメンコも・・そうそう。昨日神戸まつりで
フラダンスみたんですが、よかったです!
とっても、手の動きなど優雅でした。

とこさまもなにかどうでしょう?

投稿: 茶々 | 2010年5月17日 (月) 05時58分

おはようございます。
この映画見ていないのです。
亡命ソ連人のダンス映画、当時はクソクラエという感じで(^_^;)
物語は全然知らなかったのですがこのような内容なのですね。
1985年、ソ連崩壊6年前ですね。
アメリカが自信を持っていた時期でしょうね。
亡命したソ連人はもちろん、ソ連に亡命した黒人も結局アメリカがよかったと(^_^;)
ミハイル・バリシニコフはやはりダンサーとしてはすごいと思います。二人のダンス場面はすごかったでしょうね。
物語も最後はハッピーエンド、実際このような捕虜・スパイ交換は行われたようですね。
脱出場面は結構迫力あったでしょうね。チャイコ大佐の頭上にレイモンドが。ぎくりでしょうね。
芸術やスポーツには力を注いだソ連、今はすべて夢の夢ですけれど。
映画からちょっと離れますけれどソ連が社会主義に流した害毒はほんとに大きいですね。ソ連が社会主義、共産主義と思われて。本来からすれば最も社会主義に遠い国が奇跡的な革命の成功で。ほんとに歴史の最大の皮肉だと思っています。ただナチスを実際撃破したのはソ連、2000万もの犠牲を出しながら、ロシア人はまさにシーシュポスの民だと思っています。民衆にパンは与えたけれどジャムが少なかった、逆にパンは隠れてしまいジャムやマーマレードを世界中からかき集めているアメリカもクソクラエとは思っていますけれど(^_^;)
すみません。映画評から離れて。

投稿: KOZOU | 2010年5月17日 (月) 05時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キャンセルのはしり『ミケランジェリ』 | トップページ