日記・コラム・つぶやき

2009年7月12日 (日)

私の好きな芸術家~四谷シモン編

★最初は不気味に思えた人形達を作る四谷さん。でもいつのまにか人形愛に見せられるようになっていきました。
その魅力は何なのでしょう。大阪万国博覧会のために制作した「ルネ・マグリットの男」は、巨体の不気味な老人が15体、薄暗い中に屹立していて、その間を繊維に見立てた赤いレーザービームが行き来するという作品でした。のちにこのうちの一体は状況劇場の舞台装置として使われました。

 初期の作品「未来と過去のイヴ」は、裸にガーターベルトと網タSimonn004 イツを付けた姿の人形でパーマをかけた金髪に、濃い色の口紅を付けており、一種挑発的な印象を受けました。それに続く「慎み深さのない人形」も同様に挑発的な作品でした。手足のない裸で、上半身と下半身が180度逆に付いている。シュルレアリスムの影響が直接的に顕れていたように思われます。しかし以降の作品からは挑発的な印象が隠れ、その表情は永遠の相を見ているような穏やかなものになっていきます。
「機械仕掛の少女」「機械仕掛の少年」は、エコール・ド・シモンの生徒であった荒木博志との共同作業によるもの。一部は実際に動く作品。「少女の人形」の一体は澁澤龍彦の所有となり、『少女コレクション序説』『裸婦の中の裸婦』などにより読書界でも有名な作品となりました。
 
  人形制作にはナルシシズムが抜きがたいものだという発見により、「ナルシシズム」「ピグマリオニスム・ナルシシズム」を制作。これはシモンさん自身を人形化した作品です。

 少年の頃より人形制作を好み、川崎プッペに私淑しました。中学卒業後、アルバイトをしながら人形制作を続けたそうです。林俊郎氏、坂内俊美さんに師事していました。

★昭和40年、雑誌『新婦人』に掲載されていた、澁澤龍彦氏の紹介によるハンス・ベルメールの球体関節人形を見て衝撃を受け、それまでの人形制作方法を捨ててしまいました。アニメーションの原義「animate」には、「生命を与える」という意味がありますね。映画「イノセンス」で、押井守監督はアニメーションに人形創作との類似点を見い出し、「人はなぜ自分の似姿を作りたがるのか」という問いに挑んでいいます。人はなぜ人形を作るのか。日本を代表する人形作家で、同展に出品している四谷シモン氏に聞いきました。

★『その問いに答えはないと思います。もちろん、日頃から、「人はなぜ人形を作るのか」と問い続けています。しかし、問いそのものは必要でも、答えは必要でないはずです。なぜなら、「人形とは、人形である」としか言えないからです。本来、あらゆる問いに答えはないと思います。ただ、答えがないからといって問いを止めないのが人間なんです。だって、様々な事象について、人間は何一つ分かっていないんですから。いえ、そもそも「分かる」ということだって分かっていないはずです。だから問い続ける以前は、稚拙なものだ思っていましたが、この前「イノセンス」の映像を見せてもらって、ショックを受けました。こんなに綺麗なものがアニメーションで表現できるのかと。それまで、押井監督の作品を見たこともなく、接点もなかったのですが、今回の展覧会によって出会えたのはとても不思議な気がします。

★20歳ぐらいの頃、フランス文学者の澁澤龍彦さんが、雑誌「新婦人」で、ドイツのシュールレアリスムの美術家ハンス・ ベルメールの球体関節人形を紹介していたのを偶然目にして、衝撃を受けました。私はそれまで、人形とはポーズが固定したものだと思っていました。
 球体関節人形は、手や足に丸い球が入っていて、キュッキュッSimonn005 と動く。これに驚いたわけです。人形とは、人間の似姿、人の形と書くわけですから、関節が動くということは原点だと教えられたんですね。もちろん触っても構いせんが、実際に触る人はほとんどいませ。ん。むしろ、実際に動かすことよりも「可動性がある」という事実の方が重要なのです。おそらく世界でも初めての画期的なことでしょう。もちろん、球体関節人形をはじめとし様々な人形を集めた展覧会はありますが、これだけの規模で開催されるのは極めて異例のことです。今
、パリのアル・サン・ピエール美術館で、私も参加している「人形 POUPEES」展が開かれていますが、今回の「球体関節人形展」は、そういったものと比べても圧倒的で、一種異様な雰囲気が漂っています。作品が持っているエネルギーがただならないのです。どんな人形展でも、大抵は静かでおとなしいものになりがちですが、この展覧会は違います。非常にガサガサしていて騒がしい。人形たちが、見る者に強く揺さぶりをかけてくるように感じます。ヨーロッパで度々開催される展覧会でも、こんな雰囲気を味わうことはできません。』それだけ魂がこもった人形たちなのでしょうね。怖いけれど、観てしまうんですよね・・・・

★ この人間らしさと、ひんやりとした人工的な素材感との独自な融合を見せる作品群は、国内外を問わず多くの人々を惹き付けますね。

そしてシモンさんの人間性が、常に向上心となり新たな分野への挑戦になっているのでしょう。役者としても唐十郎氏などと『状況劇場』の女形として舞台に立ち、また80年代から90年代にかけては久世光彦氏演出のTBS向田邦子新春スペシャルに出演するなど、役者としての顔も持っています。唐さんにしてもシモンさんにしても本業がありながら役者としても特異性を放つ人に私は唖然とするばかりです。

| | コメント (1)

2008年3月27日 (木)

お花見のシーズンですね。

 お花見なんて暫くしてないなぁと言う方、多いでしょうね。それとも場所取り合戦で大変な思いをしているのでしょうか?
 春は何かと忙しいものです。そんな中、桜を観ながら美味しいご馳走とお酒があると、少しだけ気分が晴れるのではないでしょうか。
 
 私もここ暫く忙しい日々が続いたので、お花見くらいは時間を割こう1029_6 と思っています。日本は地域によってお花見の時期がずれていますね。西の方ではもう満開でしょうか?札幌在住の私は5月に入らなければ、桜は観られません。北海道では一番良い時期です。観光の方もぼちぼち見られる頃です。ただ、ゴールデンウィークとも重なる時期なので、都会では帰郷される方のほうがは多いのでしょうね。北海道人としてはこの時期がお勧めなのですが・・・

 温暖化のせいか、ここ2,3年の北海道の夏はカラッとした季候が少なく、むしろ東京のほうが涼しかったりして、観光客も驚いているそうです。なので、5月くらいをお勧めしたいわけです。以前にも書きましたが、旭川の旭山動物園はホントにイチオシです。何度足を運んでも飽きない魅力があるそうです。旭川が実家で札幌で働く友人は「絶対いいよ!!」と絶賛しています。札幌の円山動物園も負けじと頑張っているので数年ぶりに両親を連れてお花見時期に行こうかと私も計画中です。

 北海道人は逆に東京ディズニーランドを楽しみにしている人がなんと多いこと。GWが終わるとディズニーのグッズをお土産に頂くことが多いのにはびっくりしますよ。それこそ一度行くとやみつきになる魅力は何なんでしょうねぇ・・・

 話がずれました。北海道のお花見には必ずジンギスカンがつきものです。あの煙はちょっとはた迷惑(?)ですが、皆で食べればなんとかで何処もかしこもジンギスカンです。

 以前は羊は匂いがダメという道外の方が多かったのですが、昨今見直されてきているのは嬉しい限りです。そう、羊のお肉はカロリーが少なく、消化もされやすいので、ダイエットしている方にもお勧めです!ジンギスカンにすると野菜も沢山食べれるで一挙両得です。 

 滝川にある元祖松尾ジンギスカン本店には、何十年も前からバスツアーで食べに来る程の人気があり、秘伝のタレはホントに美味しいので是非一度御相伴あれ。

 お花見はやっぱり、日本酒を頂きたい(ジンギスカンにはビールでしょ?)というのが私の実感ですが、皆さんはいかがですか?

| | トラックバック (0)

2008年3月11日 (火)

 女性の品格とは・・・

 今一代ブームを起こしている品格シリーズのなかで『バカの壁』を突破しそうな本、『女性の品格』、もう読まれましたか?

 私はまだなのですが、女性の品格というと、私はやまとなでしこのような女性を思い浮かべてしまうのは古い考え方なのでしょうか・・・

 私は男尊女卑、多いに結構だと思いますし、男性の一歩後ろを恥ずかし気に歩く姿はなんて由々しいんだろうと思う女なのです。

 好き嫌いに関わらず、男性を尊敬することで、女性の格は上がると思います。「コピーとって」「お茶入れて」・・・そんな言葉に嫌気がさしている女性も少なくないでしょう。もっと同等に扱って欲しいという欲求が女性のなかにあってもしかるべきなのでしょうが、そこは、にこやかに、コピーをとり、お茶は言われる前にいれてあげられるそんな余裕をみせることですんなり事が運ぶ・・・そう、女性は縁の下の力持ち的な要素も必要なのだと思いませんか?そして男性もいざという時は女性を守る器が必要なのです。

 恋人同士でも、夫婦でも同じではないでしょうか?女性は常に478pxclaude_monet_011 一歩下がっておおきな背中を見守り、男性はそんな女性をいとおしく思う。お互い我慢するのではなく、そして見返りを期待するのでもなく、相手の存在価値をいくつになっても認め合える・・・欠点ばかりが気になりだすこともあるでしょう。こんな人だと思わなかった、なんて言葉もよく耳にします。それを不満に思っているだけでは女性としての品格が問われるのではないでしょうか?

 男性を立てる・・・昔の女性は賢かったと思います。今の老夫婦にそんな何気ない気遣いが見られ、ほんのりするのは私だけでしょうか。

 私の両親は良いお手本になってくれています。母はいつも明るく、父にの言う事を「そうねぇ」「あ、ごめんなさいね」と素直に聞いている姿は、つい私も見習いたいと思う今日この頃です。

 人は謙虚であれ、特に女性は。自己主張だけでは何も変わらないと思うのですが、あなたはどう思いますか?

| | トラックバック (0)

2008年3月 6日 (木)

ホワイトディに思うこと

最近のホワイトディ情報

 本命さんからバレンタインのプレゼントをもらった殿方、今頃はもうそのお返しのことで頭が一杯では?

 最近はネックレスや時計などが品格のあるお返しプレゼントらしいですよ。(1~2万円は覚悟しなきゃ!!)
でも品格って値段じゃないでしょう?それにオレは義理チョコだったんだからお返しなんていらないと思っている方、それは間違いですよ。

 要は気持ちの問題だと私は思うんです。女性だって日頃の感謝の気持ちやお世話になってる印としてチョコ、送ってると私は思うんです。そういう謙虚な気持ちに答えてあげないといけないですよね。

 例えば、会社で彼女が使っているマグカップを春らしい色彩のものにかえてあげようか、とか、化粧ポーチがくたびれてきたな、かえてあげようかetc・・・洋服とかにはお金をかけていても意外と自分の身の回りの物を変えられないでいる子っで多いみたいです。

 私ならコースター一つ頂いてもきっと感激しちゃうんだろうなあ・・・本命さんたちだけが楽しいんじゃ、つまらないですよね。

 ここはお互いの感謝の心が通じればOKじゃないでしょうか。パルコや無印良品店をぶらついてみると以外な商品がみつかるかもしれませんね。ちなみにパルコもホワイトディのキャンペーン実施中です。興味ある方はパルコのバナーをクリックしてみて下さい!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)