芸能・アイドル

2010年2月28日 (日)

私の好きな俳優たち~萩原健一編

水谷豊世代で欠かす事の出来ないのは萩原ショーケンですよね。色々問題を起こし、俳優活動もままならなくなってしまいまいたが、元々甘えっ子で、結婚生活も『オレ、甘えちゃうから嫌われちゃうんだよね』と離婚後倉本聡氏に話しています。

 でも『太陽にほえろ』のマカロニ役でGS時代とは違うハードな側面を見せてくれたお陰で人気は急上昇。殉職シーンは男の子なら誰もがマネをしたのではないでしょうか。井上堯之、大野克夫らの音楽もまたよかったですよね。

 その後『傷だらけの天使』では当時の若者の風俗に鮮烈な印象を  与え、当時の視聴者のみならず、その後の日本のテレビドラマ界に与えた影響も大きい作品でといっていいでしょう。いまだに伝説的なドラマとして名高く、ファンも多いのです。恩地日出夫、深作欣二、神代辰巳、工藤栄一ら当時の日本映画界を代表する監督陣が参加し、市川森一がメインライターを務め、毎回豪華なゲストが出演しており、各話の完成度も高いといわれています。これも井上堯之バンドによる軽快なタッチのオープニングテーマ曲も有名で、いまだにテレビCMなどで流用されてましたね。
 水谷豊氏は今でも兄は二人(本当は一人です)だと言っています。

 それから一変して『前略おふくろ様』で東京の下町を舞台に照れ屋な板前の青年を見事に演じてくれました。彼の役の言動は、常に同世代を感化し、『~っすよ』という言葉が溢れていました。川谷卓三ら『ピラニア軍団』を一躍有名にしたのもこのドラマでした。

桃井かおり演ずる海ちゃん、坂口良子演ずるかすみさんも魅力的でした。

 ショーケンは既成の枠組みから完全に外れた強烈な個性と存在感、その圧倒的な感性の鋭さをもって当時シラケ世代と呼ばれた若者の間でカリスマ的な存在となり、以後も『八つ墓村』『影武者』等で演技にも磨きがかかっていきました。特に作家・連城三紀彦氏がショーケンをモデルにしたという直木賞作品を自身で演じた『恋文』(1985年/日本アカデミー賞優秀男優賞)など数多くの名演を残し、故・松田優作をはじめ後続の俳優に大きな影響を与えたそうです。

ドラマも『君は海を見たか』『ガラスの知恵の輪』『飢餓海峡』『豆腐屋直次郎の裏の顔』『課長サンの厄年』『外科医柊又三郎』など年齢に応じて変わっていく役もまたたまらなく引きつけられました。
 特に私的には『風の中のあいつ』(1973年)が好きでしたね。たしか主題歌はGS時代に人気を二分したジュリーが歌っていた記憶があります。(今でも歌えます)

 ロックシンガーとしても数々の名曲を残しましたが、俳優としてのショーケンのほうがやはりいいです。

 今後またテレビや映画に出ることがあることを祈り、今年3月に発売された『ショーケン』を読もうと思うのですが、なんだか嫌な予感がるので、買うのが怖いというのが、本音です。
ショーケンは心優しき人なのに・・・いわゆる団塊の世代が生んだ最大のスターの一人ですよね。

| | コメント (10)